太陽光発電でトラブルを回避するには

  

太陽光発電でトラブルを回避するには

太陽光発電

ここでは太陽光発電のよくあるトラブルと回避方法を紹介します。太陽光発電は売電収入などの良い面もありますが、トラブルやリスクもあるため注意が必要です。どのようなトラブルがあるのか種類を知り、予防を心がけましょう。

太陽光発電導入時のトラブル

太陽光発電では、設備の導入時にトラブルが起こることがあります。トラブルはどちらかというと、人為的なものが多いようです。

ずさんな工事・管理

太陽光発電導入時に、実績や知識の少ない業者に設置を依頼してしまうと、ずさんな工事や管理をされることがあります。これらは激安業者による粗悪な工事や粗悪なシステムが原因で、破損や雨漏りといったトラブルにつながることがあります。

金額の水増し

太陽光発電の導入には、初期投資として設備機器の費用や工事費などがかかります。ところが、相場よりも高額な費用を提案され、そのまま契約することで余計な費用を支払ってしまうこともあるのです。

また、予測発電量を水増しされるケースもあります。提示された金額よりも利益が出ず、設置を後悔する人もいるようです。

太陽光発電運用時のトラブル

太陽光発電システムの運用にあたり、運用中に起こりやすいトラブルをチェックしておきましょう。

設置による雨漏り

太陽光発電では、設置によって雨漏りが起きる場合があります。設置の際の工事に原因があることが多く、瓦のずれや設置する金具部分の防水対策が不十分なことが考えられます。また設置直後ではなく、数年たった後に発生することもあるようです。

パネルの破損

パネルの破損は、気象条件や野鳥が落とした小石、人のいたずらや事故など、さまざまな原因があります。

近隣トラブル

パネルによる反射光が近隣の家に差し込むなど、近隣トラブルのリスクもあります。また、地面に設置した場合には子供が入り込んでケガをする恐れもあります。

補償が利かない

太陽光発電導入後に設置業者が倒産すると、アフターフォローがなくなります。しかし設備自体にはメーカー保証がついているため、ある程度のサポートは受けられるでしょう。

太陽光発電でトラブルを防ぐには

太陽光発電でトラブルを防ぐには、慎重な対応が必要です。

後から後悔しないように以下のポイントを確認しておきましょう。

太陽光発電は訪問販売で安易に選ばない

太陽光発電導入時には、相見積もりを取るなど、慎重に業者を選びましょう。訪問販売の営業マンの言われるままに契約するなど、安易な決定はしない方が良いでしょう。

設置のタイミングでトラブル対策をしよう

近隣トラブルや雨漏りなどのリスクは、設置前に十分なリサーチを行い、設置のタイミングで対策をすることが大切です。

補償内容を十分に確認する

故障は避けられないこともあるため、修理費をカバーできるように補償内容を十分に確認しておきましょう。

こまめなメンテナンスをする

こまめなメンテナンスや点検を行うことで、早期に対処でき修理費も安く済ませることができます。また、故障から大きな事故を起こさないためにも役立つでしょう。

まとめ

太陽光発電のトラブルは、導入時から運用中までいろいろなものがあります。トラブル予防と被害の縮小のためには、あらかじめ対策することが大切です。

この記事のURLをコピーする
B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

ケーススタディから太陽光発電所の売却事例を学ぶ

太陽光発電所は毎日0.01%、づつ、年間5%づつ値下がりしていくものです。そんな太陽光発電所を、今日売りたい、権利だけ売りたい、など、目的ごとに上手に売る方法、売却事例を紹介していきます。

「今日売りたい」太陽光発電所を即日売却した事例

新規事業に向けてまとまった資金が欲しい、速く損切りしたい、など、「太陽光発電所を今日中に売ってしまいたい」というオーナーは数多くいます。買取業者を選ぶことで、その日のうちに現金化を可能にした事例と、その方法について紹介していきます。

「もめたくない」事故があった太陽光発電所を売却した事例

太陽光発電投資をする際に、誤った業者選びをしてしまったオーナーが、その後のメンテナンス体制の甘さや設備不良による事故を起こした太陽光発電所を売却した事例を紹介しています。事故物件をスムーズに売却するコツも紹介。

「現実は甘くない」稼働済み太陽光発電所を売却した事例

「発電・売電の実績がある稼働済み太陽光発電所なら、簡単に売却できるだろう」とタカをくくっていたオーナーたちの事例を集めました。買い手にメリットがあることは確かですが、売り手が正しくコミュニケーションをとらなければ売却は難しいようです。

「全て自分がとても不安」太陽光発電所の権利を売却した人の事例

太陽光発電所の権利の売却とは、「売電権利」の売却を指します。これを行うためには、FIT(固定価格買取制度)の認定といった煩雑な手続きが必要になります。オーナーたちの事例と、スムーズに売却するコツを紹介していきます。