太陽光発電設備の撤去費用

  

太陽光発電設備の撤去費用はいくら?ケースごとに目安を提案

太陽光発電

太陽光発電設備は、導入時だけでなく撤去のタイミングでも費用がかかります。運用中から撤去費用について考えておくことで、いざという時に備えておきましょう。

太陽光発電設備廃棄における撤去費用

太陽光発電設備の廃棄物の内訳

太陽光発電システムを撤去、廃棄する際には、廃棄物の内容によって費用が決まります。設備の内訳としては、太陽光パネル、架台、接続機器、モニター、パワーコンディショナーなどの電子機器類が挙げられます。

太陽光発電の撤去費用

太陽光発電設備の撤去では、屋根から設備を下ろす費用や工事費などがかかります。屋根の上や高所に設置された設備の取り外しは、足場を組んで行うため、大体20万円くらいかかる目安です。

廃棄等費用

太陽光発電設備の廃棄費用は、1枚18kg以下のパネルであれば、回収再資源化サービスを利用することが可能です。1枚当たり1200円ほどなので、設置枚数で計算できます。廃棄費用については、経済産業省資源エネルギー庁で10kW以上の設備で廃棄費用積み立ての義務化へ向けて動いています。

太陽光発電の移設における撤去費用

太陽光発電の移設時の撤去費用

太陽光発電設備の移設時の撤去は、10万円程度かかる見込みです。単純な撤去だけであれば新たに導入するような金額はかかりません。詳細な金額は業者によっても異なるため、施工してもらった業者にあらかじめ聞いておくと安心です。

太陽光発電の再設置費用

太陽光発電設備の再設置は、撤去時同様に足場の設置が必要です。加えて架台新設や交換する場合は別途で費用がかかります。再設置場所への運搬費用や電気工事費を含めると、大体40万円くらいが目安です。

太陽光発電設備の中古買取とは

不要になった太陽光発電設備の撤去には、費用がかかりますが、中古買取であれば売却益を手に入れることも可能です。太陽光発電設備は、収益が見込める物件であれば、古くても価値を評価されます。また、設備がそろっていてすぐに収益を得られるため、初期投資資金を抑えたい人にも人気です。

結論:

太陽光発電設備の撤去費用は、廃棄か再設置か、ケースによって違います。不法投棄等と懸念する立場から、国も廃棄費用の外部積み立てのガイドラインを制定しています。廃棄、移転、買取と撤去後の流れごとに、あらかじめ情報を把握しておき、いざという時により良い方法を選べるようにしましょう。

また買取を利用すれば収益につなげることも可能です。中には破損したパネルも買い取ってもらえるため、気になった方は問い合わせてみましょう。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

ケーススタディから太陽光発電所の売却事例を学ぶ

太陽光発電所は毎日0.01%、づつ、年間5%づつ値下がりしていくものです。そんな太陽光発電所を、今日売りたい、権利だけ売りたい、など、目的ごとに上手に売る方法、売却事例を紹介していきます。

「今日売りたい」太陽光発電所を即日売却した事例

新規事業に向けてまとまった資金が欲しい、速く損切りしたい、など、「太陽光発電所を今日中に売ってしまいたい」というオーナーは数多くいます。買取業者を選ぶことで、その日のうちに現金化を可能にした事例と、その方法について紹介していきます。

「もめたくない」事故があった太陽光発電所を売却した事例

太陽光発電投資をする際に、誤った業者選びをしてしまったオーナーが、その後のメンテナンス体制の甘さや設備不良による事故を起こした太陽光発電所を売却した事例を紹介しています。事故物件をスムーズに売却するコツも紹介。

「現実は甘くない」稼働済み太陽光発電所を売却した事例

「発電・売電の実績がある稼働済み太陽光発電所なら、簡単に売却できるだろう」とタカをくくっていたオーナーたちの事例を集めました。買い手にメリットがあることは確かですが、売り手が正しくコミュニケーションをとらなければ売却は難しいようです。

「全て自分がとても不安」太陽光発電所の権利を売却した人の事例

太陽光発電所の権利の売却とは、「売電権利」の売却を指します。これを行うためには、FIT(固定価格買取制度)の認定といった煩雑な手続きが必要になります。オーナーたちの事例と、スムーズに売却するコツを紹介していきます。