太陽光発電は儲かるか?

  
太陽光発電は儲かるのか

太陽光発電は儲かると言われてきましたが、時代とともに簡単に儲かることが難しくなってきました。これからの太陽光発電の収益が気になる人やこれから導入を検討する人のために現在の実態や導入にあたるリスクを紹介します。

太陽光発電は儲かる?

太陽光発電は、時代とともに儲け方や運用方法が異なってきましたが、工夫次第でまだまだ儲けることは可能です。

固定価格買取制度の売電価格は下落傾向

固定価格買取制度は、太陽光発電で売電収入を安定させる大切な制度です。ところが、近年では毎年改定される固定価格が下落傾向となっています。

今後太陽光発電で儲けるには工夫が必要

固定価格が下落している中で、今後太陽光発電の儲けを出すには、支出を減らして利益を増やす工夫が必要です。幸いにも、太陽光発電システムの価格も下落しているため、初期投資費用は抑えられる可能性が高くなります。

太陽光発電で覚えておきたいポイント

太陽光発電で儲けるために、覚えておきたい工夫のためのポイントを紹介します。

発電量は自然環境次第

太陽光発電で儲けるためには、売れるだけの電気を発電しなければいけませんが、発電量自体は自然環境に大きく左右されます。天候や日照時間はもちろんのこと、雨風や鳥の糞などによる破損・汚れも発電量を減らす原因です。自然現象を避けることは困難ですが、破損・汚れは点検やメンテナンスで改善できます。

出力抑制の実態を知ろう

太陽光発電は、自分の好きな量や発電できた分だけ自由に売電できるわけではありません。供給バランスによって出力が抑制を受けると、売電できないこともあります。地域によって出力抑制の実施状況は異なるため、設置場所の状況を調べておくことが必要です。

儲かるための対策は?

太陽光発電導入時において、儲かるための対策を立てておくことも大切です。

事前の準備が大切

太陽光発電設備の導入では、見積もりやメーカー、土地選びといった事前の情報収集や準備が重要です。土地を購入する場合には、その土地の整地費用なども考えなければいけません。

初期投資費を抑えることが大切

事前に初期費用の相場を知ることで、投資回収期間の計画が立てられます。初期投資費用の回収が早ければその分儲けにもつながるでしょう。初期費用を抑えて導入する場合は、中古設備を購入する方法もあります。しかし、新品よりも寿命が短い場合やサポートが受けられないケースもあるので注意しましょう。

太陽光発電投資が儲かるかの結論

太陽光発電は、方法次第では今後も儲けることが可能です。ただし、儲けを出すためにはいくつか注意すべき点もあります。すでに導入しているのであれば、施設ごと売却する方法も一つの手段です。儲けを出すためには自分に最適な方法を選びましょう。

この記事のURLをコピーする
B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

ケーススタディから太陽光発電所の売却事例を学ぶ

太陽光発電所は毎日0.01%、づつ、年間5%づつ値下がりしていくものです。そんな太陽光発電所を、今日売りたい、権利だけ売りたい、など、目的ごとに上手に売る方法、売却事例を紹介していきます。

「今日売りたい」太陽光発電所を即日売却した事例

新規事業に向けてまとまった資金が欲しい、速く損切りしたい、など、「太陽光発電所を今日中に売ってしまいたい」というオーナーは数多くいます。買取業者を選ぶことで、その日のうちに現金化を可能にした事例と、その方法について紹介していきます。

「もめたくない」事故があった太陽光発電所を売却した事例

太陽光発電投資をする際に、誤った業者選びをしてしまったオーナーが、その後のメンテナンス体制の甘さや設備不良による事故を起こした太陽光発電所を売却した事例を紹介しています。事故物件をスムーズに売却するコツも紹介。

「現実は甘くない」稼働済み太陽光発電所を売却した事例

「発電・売電の実績がある稼働済み太陽光発電所なら、簡単に売却できるだろう」とタカをくくっていたオーナーたちの事例を集めました。買い手にメリットがあることは確かですが、売り手が正しくコミュニケーションをとらなければ売却は難しいようです。

「全て自分がとても不安」太陽光発電所の権利を売却した人の事例

太陽光発電所の権利の売却とは、「売電権利」の売却を指します。これを行うためには、FIT(固定価格買取制度)の認定といった煩雑な手続きが必要になります。オーナーたちの事例と、スムーズに売却するコツを紹介していきます。