太陽光発電導入のメンテナンス費用

  

太陽光発電導入でチェックしておきたいメンテナンス費用

太陽光発電

太陽光発電は、メンテナンスフリーなどと言われていますが、実際は点検やメンテナンスが必要です。もし導入する際に備えてメンテナンスの費用について知っておきましょう。

太陽光発電のランニングコストは?

太陽光発電は初期投資費用が高いものの、ランニングコスト自体は低いと思う人もいるかもしれません。今後の運用にあたり実際にかかるコストをしっかりと把握しておきましょう。

運用には定期点検が必要

安全に太陽光発電の運用するためには、定期点検が必要です。定期点検をすることで、設備のトラブルをいち早く見つけることができます。定期点検の費用は10kW未満で1回あたり2万円程度、点検の頻度は4年に一回くらいです。また、屋根に設置した場合、足場の設置費用が別でかかります。

点検を行わずトラブルを放置したままにすると、売電収入にも悪影響を及ぼす恐れがあります。点検自体に法的な義務はないものの、安全で快適な運用のためには最低限必要です。

最低限のメンテナンスが必要

故障が少ないことから、メンテナンスフリーと言われる太陽光発電ですが、屋外に設置しているものである以上、最低限のメンテナンスは必要となることが多いものです。鳥の糞や汚れ、飛来物といった破損の原因はさまざまです。

パワーコンディショナーは20年に一度の交換が必要

太陽光発電では、パネルだけでなくパワーコンディショナーの性能も大切です。電気を使えるようにする変換機なので、使っているうちに摩耗などが発生し、交換が必要となります。交換費用はおよそ20万円くらいですが、交換頻度は20年に一度くらいとなっています。

太陽光発電のメンテナンスの必要性

太陽光発電で起こりうるリスクとメンテナンスの必要性を知っておきましょう。

汚れ

砂やちり、鳥の糞といった汚れは、長時間同じ場所にあると、熱を持ってセルが故障する恐れがあります。早く発見して故障する前に清掃をすることが必要です。

漏電

漏電は、端子の刺さり方や接続部分がショートすることが原因です。火災の原因にもなるため、早めの発見や定期的なメンテナンスを心掛けましょう。

落雷

落雷によって許容範囲を超える電力がかかる場合があります。漏電や火災の原因にもなるため、落雷にあったらすぐに業者に連絡しましょう。

破損

飛来物や自然現象などのさまざまな事象によって、パネルや機器の破損、故障の可能性があります。

太陽光発電のメンテナンス費用を抑えるには

ここではできるだけメンテナンスの費用を抑える方法を紹介します。

メンテナンス業者か施工業者か

メンテナンスの依頼は、専門業者や施工してもらった業者に頼むことが可能です。施工業者に頼めば比較的安価に済みますが、専門のメンテナンス専門業者であれば、独自の基準を設けている場合もあるため、対応が良いこともあります。

一斉見積もりで相場を知る

太陽光発電に関わるコストは、業者によってそれぞれ異なります。もしコストダウンを図るのであれば、市場の相場を知ることも大切です。一斉見積もりなら、数社から一度に見積もりをもらえ、比較しながら相場を知ることができます。

まとめ

太陽光発電は、メンテナンスフリーではありません。そのためメンテナンスの費用感を知ったうえで、最適な運用を心掛けましょう。

この記事のURLをコピーする
B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

ケーススタディから太陽光発電所の売却事例を学ぶ

太陽光発電所は毎日0.01%、づつ、年間5%づつ値下がりしていくものです。そんな太陽光発電所を、今日売りたい、権利だけ売りたい、など、目的ごとに上手に売る方法、売却事例を紹介していきます。

「今日売りたい」太陽光発電所を即日売却した事例

新規事業に向けてまとまった資金が欲しい、速く損切りしたい、など、「太陽光発電所を今日中に売ってしまいたい」というオーナーは数多くいます。買取業者を選ぶことで、その日のうちに現金化を可能にした事例と、その方法について紹介していきます。

「もめたくない」事故があった太陽光発電所を売却した事例

太陽光発電投資をする際に、誤った業者選びをしてしまったオーナーが、その後のメンテナンス体制の甘さや設備不良による事故を起こした太陽光発電所を売却した事例を紹介しています。事故物件をスムーズに売却するコツも紹介。

「現実は甘くない」稼働済み太陽光発電所を売却した事例

「発電・売電の実績がある稼働済み太陽光発電所なら、簡単に売却できるだろう」とタカをくくっていたオーナーたちの事例を集めました。買い手にメリットがあることは確かですが、売り手が正しくコミュニケーションをとらなければ売却は難しいようです。

「全て自分がとても不安」太陽光発電所の権利を売却した人の事例

太陽光発電所の権利の売却とは、「売電権利」の売却を指します。これを行うためには、FIT(固定価格買取制度)の認定といった煩雑な手続きが必要になります。オーナーたちの事例と、スムーズに売却するコツを紹介していきます。