太陽光発電寿命はどれぐらい?

  
太陽光発電の寿命イメージ

太陽光発電は、手間がかからず長期間運用できる設備として注目を集めています。

とはいえ、実際には寿命がありますし、寿命を延ばすためにメンテナンスも必要です。ここでは太陽光発電設備の寿命と長く使うための方法を紹介します。

太陽光発電の寿命は何年?

太陽光発電設備の寿命を考える際には、法定耐用年数と実際に使える年数をチェックしましょう。

法定耐用年数

太陽光発電設備の法定耐用年数は、基本的に17年となっています。この年数は、課税のために財務省が定めた資産ごとの耐用年数で、減価償却に使います。法定耐用年数は実際の寿命とはあまり関係なく、過ぎても利用できることが多いものです。

保証期間

国内で住宅向けに販売しているソーラーパネルのメーカー保証は、最低10年の保証がついています。これは国が補助金を出す認定の条件です。そのため10年以上の保証を提供するメーカーもあります。保証の範囲や修理費用は保証によって異なりますが、この期間であれば故障してもサポートを受けられます。

実際の寿命の目安

実際のソーラーパネルやパワーコンディショナーは、法定耐用年数や保証期間に関わらず、長持ちすることも多いようです。一般的な期待寿命は法定耐用年数より長く、20年ほど持つこともあります。

太陽光発電の部品ごとの寿命

太陽光発電設備の寿命は、部品ごとに異なります。それぞれの部品の寿命を知ることで、取り換えのタイミングを計ることも可能です。

太陽光パネル

太陽光パネルの寿命は、一般的に20年~30年とされています。パネルには可能部がないため、摩耗や故障のリスクも少ないと考えられています。

パワーコンディショナー

パワーコンディショナーの寿命はパネルよりも短く、10年~15年が目安と見られています。

ただし、使い方によっては15年よりも長く使えることがあります。特に、丁寧に使われた設備は長持ちしやすい傾向です。ただし、寿命が近づいた機器を使い続けていると発電量が低下する恐れがあります。

太陽光発電の寿命を延ばすために

太陽光発電設備の寿命は、使い方や品質次第で変わります。

太陽光発電設備の寿命を延ばすためにできることを考えてみましょう。

定期点検・メンテナンスを怠らない

設備の寿命を延ばすためには、定期的な点検やメンテナンスを怠らないことが大切です。点検によって小さな破損や汚れを見つけてメンテナンスをすることで、大きな破損を予防しましょう。

劣化しにくいパネルを選ぶ

太陽光パネルは使われている素材によって、劣化の速度が異なります。過去の劣化率を比較したデータによると、単結晶のパネルは劣化率が大きく、反対にCISは劣化率が少ない傾向です。

しかし今後の改良によって変わることもあるため、あくまで目安程度に見ておきましょう。

太陽光発電の寿命についてのまとめ

太陽光の発電設備には寿命がありますが、使い方やパネルの素材次第で寿命の長さも変わります。

寿命を延ばして快適に使うためには、定期的な点検やメンテナンスを行いましょう。パネル選びも大切ですが、新しい情報も気にしておくと安心です。

この記事のURLをコピーする
B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

ケーススタディから太陽光発電所の売却事例を学ぶ

太陽光発電所は毎日0.01%、づつ、年間5%づつ値下がりしていくものです。そんな太陽光発電所を、今日売りたい、権利だけ売りたい、など、目的ごとに上手に売る方法、売却事例を紹介していきます。

「今日売りたい」太陽光発電所を即日売却した事例

新規事業に向けてまとまった資金が欲しい、速く損切りしたい、など、「太陽光発電所を今日中に売ってしまいたい」というオーナーは数多くいます。買取業者を選ぶことで、その日のうちに現金化を可能にした事例と、その方法について紹介していきます。

「もめたくない」事故があった太陽光発電所を売却した事例

太陽光発電投資をする際に、誤った業者選びをしてしまったオーナーが、その後のメンテナンス体制の甘さや設備不良による事故を起こした太陽光発電所を売却した事例を紹介しています。事故物件をスムーズに売却するコツも紹介。

「現実は甘くない」稼働済み太陽光発電所を売却した事例

「発電・売電の実績がある稼働済み太陽光発電所なら、簡単に売却できるだろう」とタカをくくっていたオーナーたちの事例を集めました。買い手にメリットがあることは確かですが、売り手が正しくコミュニケーションをとらなければ売却は難しいようです。

「全て自分がとても不安」太陽光発電所の権利を売却した人の事例

太陽光発電所の権利の売却とは、「売電権利」の売却を指します。これを行うためには、FIT(固定価格買取制度)の認定といった煩雑な手続きが必要になります。オーナーたちの事例と、スムーズに売却するコツを紹介していきます。