太陽光発電の将来性とこれから始める際の注意点

  

太陽光発電の将来性とこれから始める際の注意点

太陽光発電

太陽光発電の導入を考えている人のなかには、これから始めてもメリットはあるのか不安に感じる方もいるかもしれません。ここでは太陽光発電の将来性とこれから始めて利益を得るためのポイントを紹介します。

太陽光発電の今後のリスク

太陽光発電を取り巻く状況は、刻一刻と変わっています。今後のリスクについて考えておき、導入後のトラブルに備えましょう。

固定買取価格終了

太陽光発電では売電価格を10年間同じ価格になる固定価格買取制度(FIT)があります。その最初の終了が2019年に到来しました。そのため今後の動向について注目が高まっています。

売電価格の低下

太陽光発電の売電価格は、年々下がり続けています。そのため新規にスタートする場合、以前の売電価格よりも安価な固定価格で売電することになるでしょう。もし中古で導入の場合、設置した過去の売電価格が適用されますが、その分固定価格で売電できる残りの期間も短くなります。

太陽光発電の将来性とこれから導入する際の採算性

太陽光発電は、固定価格終了や価格低下のリスクを持っています。それを知ったうえで、将来性や採算性の見通しを考えてみましょう。

初期投資費用の減少

売電価格の下落が心配な太陽光発電ですが、一方で設置費用も下がっており、初期投資の額を抑えることができそうです。初期投資額が抑えられることで、売電価格の下落による影響も抑えられるでしょう。

太陽光発電設備の性能の向上

太陽光発電が出始めの頃と比較すると、設備の性能面は向上し、ノウハウも蓄積されています。たとえば、投資効果が高くできる過積載に実施により、利益を増やすことも可能となっています。

機器の保証期間の変更

太陽光発電設備のメーカー保証期間は、会社によって異なります。万が一に備えてあらかじめ確認したうえで導入を検討しましょう。

FIT制度終了後の太陽光発電の将来性

太陽光発電の導入を考えるなら、固定価格買取制度(FIT)が終わった後まで見通しを持っておくことが大切です。どのような利用方法があるのか見てみましょう。

自家消費

FIT制度終了後には、発電した電力を自家消費に充てることもできます。これまでの売電収入はなくなりますが、電気代の削減や電力の利用で新規事業を行うことも可能です。

新電力への売電

固定価格買取が終わっても、売電できないわけではありません。特に新電力と呼ばれる電力会社への売電が注目されています。各社、プランやサービスが違うため、比較して有利な会社を利用するとよさそうです。

まとめ

太陽光発電はこれからも将来性はあります。今すでに運用している人もこれから始める人も基本的には安心して運用することができるでしょう。ただし、将来的な選択肢は増えているので、より有利に使うための情報収集はしておきましょう。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

ケーススタディから太陽光発電所の売却事例を学ぶ

太陽光発電所は毎日0.01%、づつ、年間5%づつ値下がりしていくものです。そんな太陽光発電所を、今日売りたい、権利だけ売りたい、など、目的ごとに上手に売る方法、売却事例を紹介していきます。

「今日売りたい」太陽光発電所を即日売却した事例

新規事業に向けてまとまった資金が欲しい、速く損切りしたい、など、「太陽光発電所を今日中に売ってしまいたい」というオーナーは数多くいます。買取業者を選ぶことで、その日のうちに現金化を可能にした事例と、その方法について紹介していきます。

「もめたくない」事故があった太陽光発電所を売却した事例

太陽光発電投資をする際に、誤った業者選びをしてしまったオーナーが、その後のメンテナンス体制の甘さや設備不良による事故を起こした太陽光発電所を売却した事例を紹介しています。事故物件をスムーズに売却するコツも紹介。

「現実は甘くない」稼働済み太陽光発電所を売却した事例

「発電・売電の実績がある稼働済み太陽光発電所なら、簡単に売却できるだろう」とタカをくくっていたオーナーたちの事例を集めました。買い手にメリットがあることは確かですが、売り手が正しくコミュニケーションをとらなければ売却は難しいようです。

「全て自分がとても不安」太陽光発電所の権利を売却した人の事例

太陽光発電所の権利の売却とは、「売電権利」の売却を指します。これを行うためには、FIT(固定価格買取制度)の認定といった煩雑な手続きが必要になります。オーナーたちの事例と、スムーズに売却するコツを紹介していきます。