太陽光発電で失敗のリスクは?

  

太陽光発電では、導入や運用で失敗する人もいます。太陽光発電を始めたいけれど失敗が不安と思う人に、具体的な事例とともに、失敗を防ぐ対策まで紹介します。

太陽光発電で失敗する人はいるの?

安定的な運用ができて、人気となった太陽光発電ですが、失敗して困っている人も多いものです。どんな投資や商売でもリスクはあることを念頭に、慎重な対応が必要となります。

実際に太陽光発電で失敗したという相談が、国民生活センターに年間3000件以上寄せられているという現状です。失敗例としては、契約時のトラブルや設置後のトラブルなどがあり、運用スタートするまでもした後も油断はできません。

太陽光発電でよくある失敗例とは

太陽光発電で失敗しないためには、先人の失敗から学ぶことが大切です。失敗例を参考に、注意すべき点を知りましょう。

相場より高い価格で契約

契約時の失敗としては、相場よりも高い金額で契約してしまうことがあります。高額な契約は違法ではないものの、購入する側にとって大きな損失です。営業マンのセールストークに乗せられてしまったり、相場を知らないまま契約してしまったりといった原因があります。

悪い業者につかまった

質の悪い業者につかまり、工事の手抜きやメンテナンス保証が使えないなどの被害に遭うこともあります。経験不足の業者によるミスの場合もありますが、初めから騙そうとして近づく詐欺業者もいます。また、工事途中での倒産によって運用を始められず、費用だけ失う例もあるようです。

保険未加入・メンテナンス不足で破損

保険に入らなかったために設備の破損で多額の修理費用が掛かった、メンテナンス不足によって破損の被害が大きくなってしまったケースもあります。あらかじめ、保険や定期的な点検やメンテナンスの契約をしておかなかったための損失です。

想定以下の利益・収入

太陽光発電は、自然から受け取るエネルギーのため、想定通りにいかないこともあります。しかし、あらかじめ発電量のシミュレーションをすることで予測することは可能です。このシミュレーションをしっかりと確認しておかないと利益や収入が想定以下になり、メリットがあまり感じられなくなることもあります。

太陽光発電で失敗しないための対策

太陽光発電は失敗もありますが、基本的には安定的な運用ができるものです。ポイントを押さえた対策で、失敗を防ぎ安定を目指しましょう。

相見積もり・シミュレーションをしっかりする

太陽光発電で契約時の失敗を防ぐには、契約前に十分な下調べを行うことが大切です。見積もりは複数社から取って相見積もりを行うことが基本です。また、収入の予想をより正確にたてるためには、発電量のシミュレーションも複数社のものをチェックすると良いでしょう。

メンテナンス業者は忘れずに契約を

太陽光発電システムは壊れにくいと評判ですが、点検やメンテナンスは必要です。いざという時に困らないように、保険には必ず入り、メンテナンス業者とも契約をしておきましょう。

もらえる補助金にも目を通そう

太陽光発電システム導入では、補助金を利用できることがあります。補助金の手続きは業者が代行してくれますが、手違いが起こることもあるため自身でも手続きの状況を確認しておきましょう。

太陽光発電の失敗についてのまとめ

太陽光発電は安定的に運用できると評判ですが、失敗している事例も多いものです。太陽光発電システムを導入するなら、失敗する可能性もあることを認識し、慎重に事前の準備をしっかり行いましょう。

この記事のURLをコピーする
B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

ケーススタディから太陽光発電所の売却事例を学ぶ

太陽光発電所は毎日0.01%、づつ、年間5%づつ値下がりしていくものです。そんな太陽光発電所を、今日売りたい、権利だけ売りたい、など、目的ごとに上手に売る方法、売却事例を紹介していきます。

「今日売りたい」太陽光発電所を即日売却した事例

新規事業に向けてまとまった資金が欲しい、速く損切りしたい、など、「太陽光発電所を今日中に売ってしまいたい」というオーナーは数多くいます。買取業者を選ぶことで、その日のうちに現金化を可能にした事例と、その方法について紹介していきます。

「もめたくない」事故があった太陽光発電所を売却した事例

太陽光発電投資をする際に、誤った業者選びをしてしまったオーナーが、その後のメンテナンス体制の甘さや設備不良による事故を起こした太陽光発電所を売却した事例を紹介しています。事故物件をスムーズに売却するコツも紹介。

「現実は甘くない」稼働済み太陽光発電所を売却した事例

「発電・売電の実績がある稼働済み太陽光発電所なら、簡単に売却できるだろう」とタカをくくっていたオーナーたちの事例を集めました。買い手にメリットがあることは確かですが、売り手が正しくコミュニケーションをとらなければ売却は難しいようです。

「全て自分がとても不安」太陽光発電所の権利を売却した人の事例

太陽光発電所の権利の売却とは、「売電権利」の売却を指します。これを行うためには、FIT(固定価格買取制度)の認定といった煩雑な手続きが必要になります。オーナーたちの事例と、スムーズに売却するコツを紹介していきます。