太陽光発電の評価ガイドライン

ここでは、太陽光発電協会が策定した太陽光発電の「評価ガイドライン」についてご紹介します。新規での設備建設を予定している方にとっても、現役のオーナーにとっても、また中古市場で売却をしようとお考えの方にとっても、太陽光発電に関わる方々にとってガイドラインは非常に有益な基準です。

太陽光発電の評価ガイドラインとは

2018年6月、太陽光発電協会が主体となり、「太陽光発電事業の評価ガイド」を策定しました。一般に、太陽光発電の「評価ガイドライン」と呼ばれています。

評価ガイドラインが策定された背景

太陽光発電設備については、かねてより地域住民とのトラブルが絶えませんでした。安全性、景観、環境への影響が懸念されたためです。

これらトラブルに対して太陽光発電協会は、設備の技術的な面はもとより、土地や土木、法令なども含めた太陽光発電の事業全般の基準になるものとして、評価ガイドラインを策定しました。

評価ガイドラインのメリット

評価ガイドラインが策定されたメリットとして、主に以下の2つが挙げられるでしょう。

設備オーナーにおける各種リスク管理

2019年3月、日本で初めての「FIT認定取り消し」という事例が発生しました。取り消しの理由は、太陽光発電に関連する法令に違反したことです。

この事例においては、オーナーに違反の自覚があったようですが、中には違反であることを自覚せずに設備を運用しているオーナーもいるようです。「FIT認定取り消し」を始めとした各種のリスクを知り、かつ事前に対策を打つために、評価ガイドラインは非常に有効な基準となることでしょう。

中古市場の透明化と拡大

太陽光発電設備を中古市場で売買する際、客観的な共通指標となるガイドラインがあれば、市場の透明性に貢献することでしょう。市場で透明性と客観性が維持されれば、より中古市場の拡大が期待されます。

中古太陽光発電所の評価手順とは

上で説明した「評価ガイドライン」を参考に、中古太陽光発電所の評価手続きの内容について見てみましょう。

土地の評価手続き

公図マップと登記簿謄本の突き合わせを行ったり、書類の有無や内容の確認などを行います。また土地に関する評価に関連し、地域住民と面談を行ったり、地元警察・消防を訪ねたりすることもあります。

土木・構造の評価手続き

仕様書や保証書、マニュアルなどの確認作業が中心となります。あわせて設備の現地にて、崩落の兆候や排水路の状況、基礎の入り込み状況、表層土の状況などについて確認します。

電気設備の評価手続き

仕様書や保証書、マニュアルなどの確認作業が中心となります。O&M契約を交わしている設備については、記録書類の確認や、過去の故障・メンテナンスの履歴などの確認を行います。

会計・税務上の評価手続き

会計データと事業計画の突き合わせや、税務関連の届出書・計算書などの内容確認を行います。

まとめ

ガイドラインの登場は、これから太陽光発電事業を試みる方にとっても、売却して事業から撤退する方にとっても、非常に有効な基準となることでしょう。中古市場の拡大から、太陽光発電はますます活況を呈していくかも知れません。