太陽光発電の評価ガイドライン

  

ここでは、太陽光発電協会が策定した太陽光発電の「評価ガイドライン」についてご紹介します。新規での設備建設を予定している方にとっても、現役のオーナーにとっても、また中古市場で売却をしようとお考えの方にとっても、太陽光発電に関わる方々にとってガイドラインは非常に有益な基準です。

太陽光発電の評価ガイドラインとは

2018年6月、太陽光発電協会が主体となり、「太陽光発電事業の評価ガイド」を策定しました。一般に、太陽光発電の「評価ガイドライン」と呼ばれています。

評価ガイドラインが策定された背景

太陽光発電設備については、かねてより地域住民とのトラブルが絶えませんでした。安全性、景観、環境への影響が懸念されたためです。

これらトラブルに対して太陽光発電協会は、設備の技術的な面はもとより、土地や土木、法令なども含めた太陽光発電の事業全般の基準になるものとして、評価ガイドラインを策定しました。

太陽光発電投資の評価ガイド策定の目的は?

太陽光発電投資の評価ガイドは、安全で持続性の高い事業の実現と、地域住民との共生を目指すための評価制度です。太陽光発電投資では、高い収益性だけでなく安全性や継続性、地域との共生なども実現しなくてはなりません。そのためには、さまざまな視点から設備・事業全体を判定する評価ガイドラインが必要なのです。

評価ガイドラインには土地や構造関係をはじめ、土木や金融などさまざまな分野の専門家が参画しています。評価ガイドラインに従うことでリスクの把握や対策がしやすくなり、結果的に設備の安全性や長期的な収益性の担保につながります。

※参考資料1【太陽光発電事業の評価ガイドについて】:太陽光発電事業の評価ガイド策定員会・事務局 一般社団法人 太陽光発電協会

評価ガイドラインのメリット

評価ガイドラインが策定されたメリットとして、主に以下の2つが挙げられるでしょう。

設備オーナーにおける各種リスク管理

2019年3月、日本で初めての「FIT認定取り消し」という事例が発生しました。取り消しの理由は、太陽光発電に関連する法令に違反したことです。

この事例においては、オーナーに違反の自覚があったようですが、中には違反であることを自覚せずに設備を運用しているオーナーもいるようです。「FIT認定取り消し」を始めとした各種のリスクを知り、かつ事前に対策を打つために、評価ガイドラインは非常に有効な基準となることでしょう。

中古市場の透明化と拡大

太陽光発電設備を中古市場で売買する際、客観的な共通指標となるガイドラインがあれば、市場の透明性に貢献することでしょう。市場で透明性と客観性が維持されれば、より中古市場の拡大が期待されます。

中古太陽光発電所の評価手順とは

上で説明した「評価ガイドライン」を参考に、中古太陽光発電所の評価手続きの内容について見てみましょう。

土地の評価手続き

公図マップと登記簿謄本の突き合わせを行ったり、書類の有無や内容の確認などを行います。また土地に関する評価に関連し、地域住民と面談を行ったり、地元警察・消防を訪ねたりすることもあります。

土木・構造の評価手続き

仕様書や保証書、マニュアルなどの確認作業が中心となります。あわせて設備の現地にて、崩落の兆候や排水路の状況、基礎の入り込み状況、表層土の状況などについて確認します。

電気設備の評価手続き

仕様書や保証書、マニュアルなどの確認作業が中心となります。O&M契約を交わしている設備については、記録書類の確認や、過去の故障・メンテナンスの履歴などの確認を行います。

会計・税務上の評価手続き

会計データと事業計画の突き合わせや、税務関連の届出書・計算書などの内容確認を行います。

各評価について

評価ガイドの内容は、土地・権利関係や構造関係、発電システム関係などさまざまな項目に分かれています。項目の一例は、以下のとおりです。

土木・構造関係

「土木・構造関係の評価」では、地形や地盤など土木に起因するリスク、架台やアレイ、基礎など構造に起因するリスク、設備が設置される建物に起因するリスクなどを想定したうえで各部分が評価されます。評価制度では各記録による確認と現地調査が行われ、その結果によって施工の妥当性が判断されます。

土地・権利関係

発電所の運用に関わる権限の妥当性や、事業計画の妥当性が判断されます。くわえて、法令によって定められている必要な手続きに抜けがないか否かも確認されるのがポイント。

発電システム関係

設計や施工・運用するにあたって不備がないかを評価する項目です。接続契約の書類のほか、電気配線図や竣工計画書、保守点検の実施記録といった書類をもとに1次評価が実施されます。その後、2次評価として書類と現地を照らし合わせた現地確認へ移ります。書類が確認できなかったり、記録と現況に齟齬があったりした場合、設計や竣工の妥当性が確認されます。

簡易版チェックシートの内容

太陽光発電評価ガイドラインには細かい評価項目が設けられています。項目が複雑になってチェックが不十分にならないよう、太陽光発電協会(JPEA)から用意されているのが「簡易チェックシート」です。大まかなイメージを掴むために、まずはこの簡易チェックシートを確認しておくとよいでしょう。簡易チェックシートは、以下のような内容で構成されています。

設置場所・法令手続等についての判定

  • 事業計画認定(設備認定)の認定書(最初)および変更等の届出書(控)はすべてありますか?
  • 発電所には部外者の侵入防止のためのフェンス等の設置、及び発電事 業者を示す標識の設置はされていますか? ※出力20kW未満または屋根(屋上)置き等の場合には標識は不要
  • 発電所用地のすべて(所有地を除く)に借地契約がなされていますか?
  • 発電所建設にあたって都道府県・市町村の窓口に相談(手続)に行きましたか?
  • 近隣の方々へ発電所建設にあたって説明をされましたか?

土木・構造物についての判定

  • 地表面やコンクリートに沈下(陥没)・ひび割れ・緩み・膨らみ・崩れ・ 雨水による溝はありませんか?(地上設置)
  • がけやのり面に崩れ・沈下(陥没)・雨水による溝はありませんか?(地上設置)
  • 屋根・屋上の排水・防水に問題はありませんか?(建築物上設置)
  • 屋根葺材・屋上に亀裂・ズレ・はく離はありませんか?(建築物上設置)
  • フェンスや塀(石積み)にひび割れ・ズレ・その他劣化はありませんか?
  • 樹木や雑草が茂って太陽電池に陰がかかったり、近隣に迷惑をかけていませんか?
  • 架台の基礎に浮き上がり・沈下・周囲の洗掘・その他損傷はありませんか?
  • アレイ及び架台に異常な傾き・ねじれ・沈下はありませんか?
  • 架台を手で押して、容易に揺れたりしませんか?

発電設備についての判定

  • 発電設備について保守点検を行っていますか?
  • 電気配線図・系統配線図・単線結線図・施工計画書・各機器 の配置図、仕様書及び保証書はそろっていますか?
  • 施工記録・竣工検査記録・試験成績書はそろっていますか?
  • 保守点検計画書はありますか?

※参考資料2【太陽光発電所 簡易チェックシート】:一般社団法人太陽光発電協会 一般財団法人再生可能エネルギー保全技術協会

まとめ

ガイドラインの登場は、これから太陽光発電事業を試みる方にとっても、売却して事業から撤退する方にとっても、非常に有効な基準となることでしょう。中古市場の拡大から、太陽光発電はますます活況を呈していくかも知れません。

この記事のURLをコピーする
B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

ケーススタディから太陽光発電所の売却事例を学ぶ

太陽光発電所は毎日0.01%、づつ、年間5%づつ値下がりしていくものです。そんな太陽光発電所を、今日売りたい、権利だけ売りたい、など、目的ごとに上手に売る方法、売却事例を紹介していきます。

「今日売りたい」太陽光発電所を即日売却した事例

新規事業に向けてまとまった資金が欲しい、速く損切りしたい、など、「太陽光発電所を今日中に売ってしまいたい」というオーナーは数多くいます。買取業者を選ぶことで、その日のうちに現金化を可能にした事例と、その方法について紹介していきます。

「もめたくない」事故があった太陽光発電所を売却した事例

太陽光発電投資をする際に、誤った業者選びをしてしまったオーナーが、その後のメンテナンス体制の甘さや設備不良による事故を起こした太陽光発電所を売却した事例を紹介しています。事故物件をスムーズに売却するコツも紹介。

「現実は甘くない」稼働済み太陽光発電所を売却した事例

「発電・売電の実績がある稼働済み太陽光発電所なら、簡単に売却できるだろう」とタカをくくっていたオーナーたちの事例を集めました。買い手にメリットがあることは確かですが、売り手が正しくコミュニケーションをとらなければ売却は難しいようです。

「全て自分がとても不安」太陽光発電所の権利を売却した人の事例

太陽光発電所の権利の売却とは、「売電権利」の売却を指します。これを行うためには、FIT(固定価格買取制度)の認定といった煩雑な手続きが必要になります。オーナーたちの事例と、スムーズに売却するコツを紹介していきます。