太陽光発電所を売却するためのWEBマガジン » 今後の展望は?太陽光発電に関する市況や国の動向 » 太陽光発電が受ける自然災害のリスクと回避方法について

太陽光発電が受ける自然災害のリスクと回避方法について

  

太陽光発電は、安定的な電力の供給と売電による収入をもたらしてくれますが、屋外だからこそのリスクもあります。

特に太陽光発電で注意しておきたいのが自然災害。中にはダメージが大きい災害もあるため、できる限りのリスク回避を目指しましょう。

太陽光発電を襲う自然災害とは

太陽光発電システムを襲う自然災害には以下のようなものがあります。

設置場所によってリスクの違いはありますが、予測が付かないことなので事前の対策が重要です。

地震

太陽光発電システムへ地震の被害としては、地盤の変形による影響が考えられます。

土台から揺らぐことで、パネルの歪みや波うち、架台の倒壊といった大きな被害もあるようです。

台風、竜巻

強風によるパネルの飛散や歪み、損壊などが考えられます。

また、パネルが帆のようになって、架台自体を倒壊させる恐れもあります。

火災

火災の被害は設備の焼失だけでなく、二次災害も発生する恐れがあります。

漏電しそうな箇所や周りに燃えやすいものがないか定期的にチェックしましょう。

落雷

強いエネルギーを受けることで電気機器が故障する原因になることも考えられます。

パワコンのショートなどの損害にも注意が必要です。

降雪やひょう、あられ

雪の重みやひょうなどの衝撃によるパネルのガラス面の割れや傷が考えられます。

豪雨や水災

雨や水の災害では、土壌流出や土砂災害のリスクがあります。

自然災害の被害を軽減する方法

自然災害から完全に守ることは難しいですが、被害を軽減する対策はあらかじめ行うことができます。

事前に対策することで、太陽光発電設備を守りましょう。

発電所を設置する前に周辺を確認する

設置する前はあらかじめ周辺環境を確認することで、被害軽減の対策や必要な保険が検討できます。

完全な予防はできませんが、二次被害や損壊時の負担を減らすための情報として役立てましょう。

保険や保障を利用する

太陽光発電システムの保険や補償制度を利用することで、自然災害による損害を補償してくれます。

メーカー保証は自然災害に対応しませんが、補償制度を使うことで故障や破損をカバーできます。

破損した場合は破棄の手続きを

太陽光発電システムが破損し、復旧できない場合は、廃棄処理等の手続きを行います。産業廃棄物扱いなので、産業廃棄物処理業者に依頼します。

コストは解体・撤去と処理費用です。撤去費用は大体20万円が目安となります。

太陽光発電投資の災害リスクまとめ

自然災害による太陽光発電システムの被害は、完全に防ぐことが難しいのが現状です。

しかし事前に対策をしておくことで、ある程度の被害は抑えられるでしょう。

買取業者の中には、万が一破損した場合でも買い取ってもらえる場合があります。復旧にお金がかかり、負担になるようであれば売却も検討しましょう。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE