太陽光発電の名義変更

  

太陽光発電の名義変更とは?必要な手続きと注意点

太陽光発電

太陽光発電の名義変更は、贈与や売買の際に必ず行わなければいけません。必要な手続きや注意点について知っておきましょう。

太陽光発電の名義変更の必要性

太陽光発電の事業者は、事業を始める際に認定を受けます。発電所を譲渡、売買した時などには、事業者が変わるため名義変更を行うことが必要です。

太陽光発電の名義変更とは

太陽光発電を導入するにあたり、事業者は経済産業省資源エネルギー庁へ認定の申請を行います。この申請は、代行事業者が行うことも可能です。太陽光発電を譲渡や売買した際には、最初に認定を受けた事業者から新しい事業者に変わります。

太陽光発電の名義変更が必要な時

太陽光発電の名義変更が必要となるのは、生前贈与などの事業譲渡、相続などです。中古発電所の売買でも必要となります。名義変更では、設備認定だけでなく売電契約、土地登記簿なども変更が必要です。

太陽光発電の名義変更の方法

ここでは、再生可能エネルギーの変更申請の方法を紹介します。電子申請の手順をステップごと見ていきましょう。

入力・書類添付

「再生可能エネルギー電子申請」サイトにログインして、変更したい設備IDを選びます。情報を入力してから、添付書類をアップロード、登録します。

登録・承認

代行業者が申請する場合には、申請内容に間違いがないか、設備設置者(事業者)に確認メールが届きます。指示に従って審査が開始されます。

審査・変更認定通知書発行

審査は3カ月くらいかかります。 審査が完了すると通知書のダウンロードが可能になります。

太陽光発電の名義変更の注意点

贈与税の発生が疑われる場合がある

太陽光発電の名義変更は、事業継承や贈与になることから、贈与税の発生が疑われることもあるようです。個々のケースで状況が異なるため、それぞれに税理士などに相談する必要があります。

名義変更後の確定申告

太陽光発電の名義変更をすると、売電収入が発生し、収入によっては確定申告が必要となります。電力会社と契約をしている名義人が確定申告を行うことになるため、変更を行った後の確定申告時期には注意しましょう。

メーカー保証も継承する

太陽光発電の名義変更では、パネルやパワーコンディショナーのメーカー保証の継承についても手続きが必要です。保証期間内であっても、手続きしないと保証対象外になることもあります。また、保証が継承できないメーカーもあるため、確認が必要です。

結論:

太陽光発電の名義変更にはさまざまな手続きが必要となります。太陽光発電の名義変更は、自分でもできますが、大変な人は代行してもらうことも可能です。最初の認定申請も代行してもらった場合には、引き続き依頼を検討してみましょう。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

ケーススタディから太陽光発電所の売却事例を学ぶ

太陽光発電所は毎日0.01%、づつ、年間5%づつ値下がりしていくものです。そんな太陽光発電所を、今日売りたい、権利だけ売りたい、など、目的ごとに上手に売る方法、売却事例を紹介していきます。

「今日売りたい」太陽光発電所を即日売却した事例

新規事業に向けてまとまった資金が欲しい、速く損切りしたい、など、「太陽光発電所を今日中に売ってしまいたい」というオーナーは数多くいます。買取業者を選ぶことで、その日のうちに現金化を可能にした事例と、その方法について紹介していきます。

「もめたくない」事故があった太陽光発電所を売却した事例

太陽光発電投資をする際に、誤った業者選びをしてしまったオーナーが、その後のメンテナンス体制の甘さや設備不良による事故を起こした太陽光発電所を売却した事例を紹介しています。事故物件をスムーズに売却するコツも紹介。

「現実は甘くない」稼働済み太陽光発電所を売却した事例

「発電・売電の実績がある稼働済み太陽光発電所なら、簡単に売却できるだろう」とタカをくくっていたオーナーたちの事例を集めました。買い手にメリットがあることは確かですが、売り手が正しくコミュニケーションをとらなければ売却は難しいようです。

「全て自分がとても不安」太陽光発電所の権利を売却した人の事例

太陽光発電所の権利の売却とは、「売電権利」の売却を指します。これを行うためには、FIT(固定価格買取制度)の認定といった煩雑な手続きが必要になります。オーナーたちの事例と、スムーズに売却するコツを紹介していきます。