太陽光発電所を売却するためのWEBマガジン » 今後の展望は?太陽光発電に関する市況や国の動向 » 新電力会社に電気を売電!FIT終了後の太陽光発電の売り先

新電力会社に電気を売電!FIT終了後の太陽光発電の売り先

  

太陽光発電投資を検討している人、すでに行っている人に共通している不安な点は、FIT終了後の売電についてでしょう。

国の買取制度と終了後はどうなるのか、現在の売電価格はいくらなのかなど、気になる情報を説明していきます。

固定価格買取制度(FIT)終了後はどうなるのか

2009年に「太陽光発電の余剰電力買取制度」が始まり、さらに2012年には固定価格買取制度、いわゆる「FIT」が開始されました。ここ10年間は、太陽光発電システムを導入した人は、これら制度によって安定的な売電ができていたはずです。しかし、余剰電力買取制度開始から10年を迎える2019年、2009年に制度の適用を受けた人は買取期間が満了となります。

買取期間は適用から10年となるため、個々の家庭ごとに満了のタイミングは異なります。今後は次々と満了を迎える人が増えてくることでしょう。制度が終わっても、太陽光発電自体は続けられるため、その電力をどのように生かすか考えてみましょう。

固定価格買取制度が終わっても、従来通りに小売り電気事業者に売電することは可能となります。自由契約なので、希望に合うプランを選ぶことが必要です。また、売電ではなく自家消費する選択肢もあります。蓄電池やエコキュートとの組み合わせで自宅の電気製品に使ったり、電気自動車に充電したりと電力を使用できます。

【2019年最新版】各電力会社の価格まとめ

2019年時点での、それぞれの大手電力会社の価格をチェックしておきましょう。

電力会社 価格
北海道電力 8.00円/kWhです。条件によってポイントプレゼントがあります。
東北電力 9.00円/kWhです。東北電力と電気契約している家庭は東京電力エリアでも加入可能となります。
東京電力 8.50円/kWhです。関東地方、山梨県および静岡県(富士川以東)も加入できます。
中部電力 中部電力エリアは7.00~8.00円/kWhです。 WEBの料金明細を利用していることが条件となります。
関西電力 余剰電力を預けるプランで、預けた電力量の内購入電力量を超える分を8.00円/kWhで買取します。
四国電力 余剰電力の内超えた分を8.00円/kWhで買取するプラン、7.00円/kWhで買取するプランなどがあります。
沖縄電力 買取価格は7.50円/kWhです。

【2019年最新版】新電力会社の価格について

電力の自由化によって、大手電力会社以外の電気事業者も電力の供給が可能となりました。新たに参入することから、これら電気事業者は「新電力会社ばれています。

新電力会社では、国が定めた価格より高い価格で売電することも可能であり、変更のための費用もかかりません。おおよそ大手電力会社の売電価格の1円~2円程度プラスになっていることが多いようです。ただし、より有利な売電価格には会社ごとに条件が設けられていることもあります。

最近の卒FITに関連するニュース

資源エネルギー庁が卒FIT後の注意事項について周知

資源エネルギー庁では2019年11月1日に、買取期間が満了する余剰電力買取サービスに関する情報の周知を行っています。手続き方法や卒FIT後の選択肢、スケジュールなどについて情報をウェブサイトから閲覧できます。

大手電力会社の通知遅れも発生している

大手電力会社からの終了の通知が遅れたことで、利用者が混乱するケースも起こっているようです。新電力会社にとっても、この混乱はビジネスチャンスを逃す恐れとなり、不満が溜まる原因となります。

FIT終了後の太陽光発電の売り先についての結論

FIT終了後でも旧電力、新電力ともに電力会社での売電は可能です。また、自家消費という選択もあるので、卒FIT後はそれぞれの家庭ごとにより良い選択肢を選ぶことになるでしょう。売電価格についてはその時の状況により変化するので、最新の価格の動向をチェックしましょう。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE