Operation【発電監視】

太陽光発電の発電量を可視化して、正常に稼働しているかをチェックできる発電監視。このページでは、発電監視について紹介しています。

発電監視とは

太陽光発電の不具合は、発電機の外観だけではなかなかわかりません。発電量を可視化して、発電量を定量的に把握するために、発電監視があるのです。発電量を監視することで、停電や故障などの突発的なトラブルに気づくことができるため、無駄なメンテナンス費用を削減につながるでしょう。また、発電監視装置を設置・購入できる会社が複数あります。発電監視設備が収集したデータが、一度発電監視サービスを提供している会社を経由して、自宅のPCやスマホで発電量を監視することができるのです。

発電監視の必要性

発電監視は、太陽光発電の状態と発電量の基準を求めるのに欠かせません。太陽光パネルのメンテナンスのタイミングを計ることができ、より良い状態で長期的に太陽光発電事業を実行できます。太陽光発電設備は長期間使い続けるものなので、時間が経つにつれて劣化や故障してしまうのは、仕方がないことです。

しかし、製品の出力保証をしている太陽光パネルメーカーでも、何の根拠もなく古くなったから補償して欲しいという要望は通してくれません。「長年使っているし、発電量が少なくなった気がする」という曖昧な感覚だと、補償してもらうのは難しいでしょう。そんな時のために、発電監視によって記録された可視化データが役立ちます。故障だと把握できる可視化された発電量のデータを提示することで、故障したと考えられる根拠を示すことができるのです。

具体的な作業(管理)方法

発電量を確認する方法は、発電監視装置を設置するだけではありません。こちらでは、さまざまな発電量を確かめる方法や発電監視に必要な事項を紹介します。

発電量の監視方法

  • 発電監視装置で好きな時に好きな期間の発電量を確認する
  • 発電設備へ行き、直接電力メーターを確認して記録し続ける
  • 電力会社の無料アプリで確認する
  • 電力会社からの毎月の知らせを見て1ヶ月分を確認する

このように発電量を監視する方法は、いくつかあります。この中から自分のライフスタイルや発電所の管理方法に合った監視方法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

発電監視に求められる役割

  1. 発電量の見える化
  2. 発電量の記録
  3. 発電低下・停止時のアラート

発電監視の機能として発電量の可視化はもちろんですが、そのデータを記録することは大事です。メーカーの出力保証を利用する際に、補償してもらえる根拠となります。また、万が一トラブルが発生した際、すぐに知らせてくれる機能も欠かせません。

遠隔監視という方法も

遠隔監視とは、太陽光発電の発電量をどこにいても確認できる発電監視のことです。パソコンやスマートフォンから発電状況などを小まめに観測しており、発電量が大幅に低下した際にアラートで知らせてくれます。そのため、トラブルの早期発見から復旧後の保険申請する際に活躍するでしょう。しかし、監視装置は機械です。何でも完璧にできるわけではありません。遠隔監視装置を導入する前に、できないことについても理解する必要があります。こちらで、遠隔監視のメリット・デメリットを紹介します。

発電監視のメリット

24時間どこでも発電量を監視できる

監視装置で発電所の発電量を計測したデータを、インターネットを介してチェックできます。パソコンやスマホで確認できるため、インターネットさえつながっていれば、どこでも発電監視できるのです。常に発電量を監視することができるため、発電装置のトラブルにいち早く気づくことができます。

遠隔監視サービスの会社がトラブル対応

会社が異なるとサービス内容に違いがありますが、集積した発電量のデータを監視しており、発電設備に問題がないかどうかをアドバイス。太陽光発電事業についてもサポートしてもらえるでしょう。さらに、サポートセンターが異常だと判断した場合、アラートメールで知らせてくれます。

発電監視のデメリット

故障箇所・原因の特定はできない

発電監視装置には、電流値を測定するタイプの製品とパワコンの情報を取得するタイプの製品があり、複数のメーカーから販売されています。電流値を測定するタイプの場合、ブレーカーと売電メーターの間に流れる電流を測定しているため、故障した時の原因をはっきりと区別することができません。そのため、アラートメールが届いた時に発電設備が故障したとは断言できず、天候によって発電量が低下した可能性も考えられるのです。発電監視装置は、あくまでも太陽光発電装置を状態を知るための補助だと考えるといいかもしれません。

ランニングコスト(電気代や通信費)が発生する

監視装置も電気で動き、インターネットで発電量のデータを送ります。そのため、電気代や通信費がかかります。中には、クラウドサービス利用料として別途費用がかかるものも。ランニングコストを支払う際には、いろんなパターンのセットがあります。監視装置を導入する際には、初期金額だけで判断してはいけません。必ずランニングコストが別途かかることを念頭に置いておきましょう。