太陽光発電所を売却するためのWEBマガジン » 適正価格で売却するポイントはO&Mにアリ

適正価格で売却するポイントはO&Mにアリ

2017年の改正FIT法によって義務付けられたO&M。このページでは、太陽光発電のO&Mついて紹介しています。

太陽光発電所のO&Mとは

太陽光発電のO&Mは、太陽光発電所の「運用管理」と「保守点検」を重視したメンテナンスのことを指します。O&Mの「O」はOperation(オペレーション)の頭文字で、運転管理(安定的な利用)という意味です。「M」はMaintenance(メンテナンス)の頭文字とった、保守点検管理(整備・維持)という意味を持っています。つまり、安全かつ長期安定稼働がO&Mの目的なのです。

太陽光発電投資する際、ほとんどが所有している土地や社屋などに発電所を設置します。太陽光で発電した電気を固定買取価格制度に従って電力会社に売って収益を得ているのです。設備さえ整って入れば、原価がただの太陽の光から電気エネルギーを生み出すことができます。しかし、太陽光発電投資のために設備を導入する際には、初期費用にかなり大きな金額の投資が必要です。初期費用の元を取するために多くの収益を得るには、太陽光設備を長期的かつ安定的な発電によって売電収入を得なければいけません。

O&Mの必要性

長期的に太陽光設備を稼働するために、価格の高い機器を導入しても、機械である以上扱いが悪ければすぐに壊れてしまいます。太陽光設備が壊れるまでの時間が早いか遅いかをコントロールすることが太陽光投資のポイント。器機を使い続ける時間をコントロールするために、O&Mで常にメンテナンスや機器の状態を把握することが長期的に安定した発電量を生み出す発電設備を整えることができるのです。

また、O&M行なうことで事故や不具合、故障などのトラブルを未然に防げます。さらに、トラブルが発生した後でも被害を最小限にすることも可能。特に、複雑な機能を搭載した機器は、シンプルなものに比べて早く壊れやすい傾向にあるため、よりO&Mが必要なのです。以下の例はO&Mを怠った場合に発生する可能性あるトラブルとなります。

O&Mを怠ったことによるトラブル

人的な被害

メンテナンスや定期点検を怠り、火災や漏電などのトラブルが発生しやすくなり、人的な被害が出る可能性があります。さらに、事故発生後の正しい対処を知らずに放っておいてしまうのはNG。人的な被害が発生するトラブルは、必ず避けなければいけません。

経済的な損失

再生可能エネルギーの売買方法を取り決めたFIT法(固定価格買取制度)により、急激に普及した太陽光発電。エコの側面だけではなく、経済的なメリットがあると感じて導入した方が多くいるのです。そのため、太陽光発電で収益を得なければいけません。しかし、O&Mを怠ったことで売電収入が減少し、初期費用を回収することができないなんとこともあります。O&Mの一つである発電監視で発電量を定期にチェックしたり、故障で太陽光発電が稼働できない時に補償してくれる保険に加入したりする必要があるのです。

O&M 4つの種類

Operation【発電監視】

発電監視は、太陽光発電量を機器で定量的に計測し、一定の値を発電できているかを可視化して把握することです。発電設備がきちんと効率よく稼働しているかどうかは、外観をチェックしただけでは十分ではありません。発電量の監視することは、発電設備の正常な状態と現状の状態を客観的に比較するために必要なのです。太陽光発電設備は長期間使い続けるもの。そのため、経年劣化や故障が発生します。その時に可視化された過去のデータが役立つのです。ほとんどのパネルメーカーは、製品の出力保証をしていますが、実際にどのような被害が出たのか判断できる証拠がなければ調査してくれません。証拠となる過去の発電量データと、現状の発電量データを比べられる発電監視について把握しておきましょう。

Operation【障害・復旧対応】

障害対応・復旧対応とは、発電所で何らかの不具合を検知した時の対応のことを指します。不具合というのは、パワコンの停止や火事・落雷・積雪などの自然災害による被害のことです。このようなトラブルに巻き込まれた「事後」の復旧します。トラブルが発生した際には、正しい障害・復旧対応を取らなければいけません。そのためには、トラブルの原因と復旧の具体的な作業内容を知っておきましょう。トラブルに対して事前に備えておくことで、スムーズな障害・復旧対応が可能となります。

Maintenance【定期点検】

太陽光発電設備に故障や不具合を未然に予防するために行なう定期点検。器機の不具合は、思わぬところに潜んでおり、気づかないまま放置してしまうと、どんどん悪化してしまいます。定期点検は、不具合を早期発見して器機を長期的に使い続けられるようにする役目があるのです。かつて太陽光発電システムはメンテナンスフリーと言われていましたが、現在は定期的に点検・メンテナンスをしないといけません。発電監視装置でトラブルを発見することもできますが、器機の腐食や損傷などは人の目でチェックする必要があるのです。自分でもチェックできるように定期点検の項目を把握しておくと良いでしょう。

Maintenance【用地・敷地管理】

用地・敷地管理は、発電設備が設置してある用地全体の管理のことを指します。管理すべき内容は、大きく分けて太陽光パネル洗浄・清掃、雑草対策、損害保険加入、盗難・侵入対策の4つです。管理を怠ってしまうと、太陽光パネルが汚れていたり、生い茂った雑草の影で隠れたりして、太陽光発電の発電量発電量が低下し、売電収入が減少を招きます。用地・敷地管理を行なうことで、故障する確率を下げて故障した時の修理にかかるコストを削減しましょう。

改正FIT法により始まる「事業計画策定ガイドライン」

改正前の FIT 法では、太陽光発電に必要な条件を満たした設備があれば、経済産業省が「設備認定」として認めていました。しかし、改正後は設備自体の条件ではなく、太陽光発電事業の安全性に対する「事業計画認定」に変更したのです。従来は事業者が各自で作っていた事業計画もチェックの対象となり、長期的に運営することができるのかを重視されるようになったのです。

今後、太陽光発電投資を行なう事業者は、経済産業省が公表している「事業計画策定ガイドライン」に沿った事業計画の提出が必須です。改善前に設備認定された太陽光発電事業でも、事業計画が事業計画策定ガイドラインの条件を満たしていない場合は、認定が取り消されることがあります。改正FIT法では、「企画・立案」「設計・施工」「運用・管理」「撤去および処分」などのすべてのプロセスをガイドラインに沿って記入しなければいけません。

特に、事業計画の中にある「運用・管理」の項目に、O&Mが義務化されました。そのため、これまではメンテナンスフリーと言われていた太陽光発電事業に定期的な点検・メンテナンスが必要になったのです。さらに、事業計画策定ガイドラインのO&Mに関する項目には、保守点検および維持管理に関する範囲や手法、スケジュールなどの細かいことも定めることが求められています。

O&Mの義務化は負担ではなくチャンス

改正FIT法のO&Mの義務化によって、太陽光発電の投資家が抱える負担が増えましたが、発電量を安定的に確保し、事業採算性を高めることにつながります。O&Mを実施することは、太陽光発電投資に潜むさまざまなリスク回避になるのです。そのような視点を持ち、積極的にO&Mに取り組むことが今後の太陽光発電の運営に必要なことだと言えます。

O&Mの大事なポイント

機器を良い状態でキープする

太陽光発電設備の経年劣化を遅らせて、長期的に使いつづられるようにメンテナンスしましょう。太陽光パネルで発電したエネルギーを電気に変換するパワコンは、経年劣化で停止しがちです。パワコンが停止すると、電気を売ることができず売電収入が減少します。義務化されたO&Mによって発電監視や定期点検などでトラブルを未然に防ぐことができるので、長期的かつ安定的な発電所の稼働につながるのです。

保険に加入する

O&Mに取り組むうえで、注意したいのが自然災害です。自然災害で太陽光パネルが飛散して住宅や車両に損害を与えることがあります。そうなってしまうと損賠賠償を支払わなければいけません。さらに、被害のあった太陽光発電機器の修理や交換が必要になり、コストがかかっていまいます。O&Mには、保険に加入する項目も含まれているので、万が一に備えることができるのです。さらに、フェンスや防犯カメラの設置など、盗難に対する対策を改めることにもつながります。