太陽光発電所の落雷被害

落雷

太陽光発電システムを導入する上で心配される自然災害の一つが落雷による被害です。高いところに設置され、金属部品を使用しているのですでに導入されているご家庭でも気になっている方は少なくないでしょう。

ここでは太陽光発電システムの落雷被害について、落雷の種類、被害の可能性、対応策について解説しています。また、地震被害の売却についても少し触れていますので参考にしてください。

落雷被害を防ぐための対応策

落雷被害は落雷の種類でも影響が異なります。それぞれの影響や対応策などについてご紹介します。

落雷の種類で影響は違う?

落雷には直撃する直撃雷と、周辺に落雷して影響が出る誘導雷の2種類あります。直撃雷では太陽光発電のパネルは間違えなく破損し、誘導雷の場合は影響が小さいものの幅広い範囲に影響が出ます。

ソーラーパネルに直撃雷は影響するか?

ソーラーパネルは高いところに設置されますが、直撃雷が集中して落ちることは極めて少ないです。同じように屋根に設置されるテレビアンテナへの落雷事例はほぼなく、ソーラーパネルは設計上、平面でテレビアンテナよりも落雷しにくくなっています。

誘導雷はシステムに影響するか?

落雷被害で太陽光発電システムに影響が出るかといえば、そのほとんどが誘導雷になります。電圧や電流をコントロールするパワーコンディショナは誘導雷の影響を受けやすく、故障の原因となります。ただし、太陽光発電システムは誘導雷の被害に遭わないよう、部品の一部交換などはあってもなど大きな被害にならないように対策されています。

落雷被害の対応策は?

一般的に太陽光発電システムは落雷被害に対する保障が設けられています。特に大手のメーカーは保障があり、その内容については各メーカーによって異なります。申込みや保障内容についてなどは契約時に必ず確認するようにしましょう。中には落雷被害が保障されないメーカーもありますので注意が必要です。

地震被害にあってしまった場合に売却できるかどうか

地震被害にあった場合、太陽光発電システムは売却できるのでしょうか?太陽光発電システムを導入しても地震の多い日本ではいつ地震被害に合うかわかりません。もしもの時に備えて、売却についての方法や注意点を知っておきましょう。

地震で破損した太陽光発電システムは売却できる?

大きな地震があった場合、フレームから外れたパネルから、装着されたままのパネルまで様々ありますが、基本的には売却できません。なぜならば太陽光パネルは外見的に破損していないように見えても再利用できることはほぼないからです。また、地震保証をオプションにつけていても保障の対象外になります。

地震被害にあった場合の注意点は?

地震によって太陽光発電システムが破壊された場合、見た目に壊れていても発電していてパワーコンディショナの破損で感電する恐れもあります。ですから、近づいたり素手で触ったりしないようにしましょう。太陽光発電システムの撤去や復旧には電気主任技術者などの専門家に依頼し、安全に対処してください。