太陽光発電所の落雷被害

落雷

太陽光発電システムを導入する上で心配される自然災害の一つが落雷による被害です。高いところに設置され、金属部品を使用しているのですでに導入されているご家庭でも気になっている方は少なくないでしょう。

ここでは太陽光発電システムの落雷被害について、落雷の種類、被害の可能性、対応策について解説しています。また、地震被害の売却についても少し触れていますので参考にしてください。

落雷被害を防ぐための対応策

落雷被害は落雷の種類でも影響が異なります。それぞれの影響や対応策などについてご紹介します。

落雷の種類で影響は違う?

落雷には直撃する「直撃雷」と、周辺に落雷して影響が出る「誘導雷」の2種類あります。直撃雷では太陽光発電のパネルは間違いなく破損し、誘導雷の場合は影響が小さいものの幅広い範囲に影響が出ます。

ソーラーパネルに直撃雷は影響するか?

ソーラーパネルは高いところに設置されますが、直撃雷が集中して落ちることは極めて少ないです。同じように屋根に設置されるテレビアンテナへの落雷事例はほぼなく、ソーラーパネルは設計上、平面でテレビアンテナよりも落雷しにくくなっています。

直撃による太陽光発電への影響

ソーラーパネルを物理的に破損させる威力を持っている直撃雷。直撃雷は人を即死させるほどなので、ソーラーパネルはひとたまりもありません。実際に雷がソーラーパネルに直撃する可能性は、限りなく低いとされています。

なぜなら、雷は高いところに落ちやすい性質を持っているため、平らな地面に設置する太陽光発電システムへの直撃しづらくなるのです。また、一般的な戸建て住宅に設置されているTVアンテナですら、雷の直撃がほとんどないので、直撃雷は大きな脅威ではありますが、過度に心配する必要はありません。

誘導雷はシステムに影響するか?

落雷被害で太陽光発電システムに影響が出るかといえば、そのほとんどが誘導雷になります。電圧や電流をコントロールするパワーコンディショナは誘導雷の影響を受けやすく、故障の原因となります。ただし、太陽光発電システムは誘導雷の被害に遭わないよう、部品の一部交換などはあってもなど大きな被害にならないように対策されています。

直撃していなくても故障を引き起こす「誘導雷」

落雷被害の中で多いのは、直撃していなくてもソーラーパネルを破損させてしまう「誘導雷」です。誘導雷とは、雷の影響を受け、通信線やアンテナに、いつもより大きな電圧や電流がかかる現象のこと。異常な電圧や電流が、送電線やアースケーブルを伝い、電気機器の規格を越える電圧をかけ、太陽光発電システムの基盤を破損させます。

最も影響をうけるのは、ソーラーパネルの核となっているパワーコンディショナーです。電圧・電流をコントロールする部分であるため、電流と電圧の異常で破損してしまう可能性が高まるのです。誘電雷は、数キロ先に落ちても影響があると言われているので、落雷があった時には、太陽光発電システムが正常に動いているのかを確認する必要があります。

落雷被害の対応策は?

一般的に太陽光発電システムは落雷被害に対する保障が設けられています。特に大手のメーカーは保障があり、その内容については各メーカーによって異なります。申込みや保障内容についてなどは契約時に必ず確認するようにしましょう。中には落雷被害が保障されないメーカーもありますので注意が必要です。

中規模太陽光発電システムには落雷対策を

一般的な戸建て住宅への太陽光発電システム(ソーラーパネル)の落雷のリスクはほぼありません。住宅近くの電柱に避雷針が設置されているため、直撃を免れていると考えられます。しかし、中規模・大規模な太陽光発電システムには直撃雷や誘導雷による故障の報告が少なくありません。

そのため、中規模・大規模の検討する際には、避雷針やSPDの導入をおすすめです。SPD(避電器・雷保護装置)は、異常な電圧や電流を感知すると、地面に電流を流して設備を保護してくれます。雷による破損による発電・電力供給ストップを防いでくれるでしょう。

太陽光発電に落雷した事例:「直撃雷」でパネルが33枚破損

雷は高いところに落ちる傾向があるため、地面から近い位置に設置するソーラーパネルには被害がほとんどないとされてきました。しかし、敷地が広いメガソーラーパネルに雷が直撃し、太陽光パネルが破壊された事例も多くあります。

雷の直撃により、一時的に大電流が流れ、ショート(短絡)。通電ができなくなったパネルも多数報告されています。被害のあった、太陽光パネルの数は33枚。発電できないほどのダメージを受けていました。昨今ではこのような落雷による太陽光発電システムの被害が相次いでいるようです。その場合の落雷対策は急務だと言えるでしょう。

地震被害にあってしまった場合に売却できるかどうか

地震被害にあった場合、太陽光発電システムは売却できるのでしょうか?太陽光発電システムを導入しても地震の多い日本ではいつ地震被害に合うかわかりません。もしもの時に備えて、売却についての方法や注意点を知っておきましょう。

地震で破損した太陽光発電システムは売却できる?

大きな地震があった場合、フレームから外れたパネルから、装着されたままのパネルまで様々ありますが、基本的には売却できません。なぜならば太陽光パネルは外見的に破損していないように見えても再利用できることはほぼないからです。また、地震保証をオプションにつけていても保障の対象外になります。

地震被害にあった場合の注意点は?

地震によって太陽光発電システムが破壊された場合、見た目に壊れていても発電していてパワーコンディショナの破損で感電する恐れもあります。ですから、近づいたり素手で触ったりしないようにしましょう。太陽光発電システムの撤去や復旧には電気主任技術者などの専門家に依頼し、安全に対処してください。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE