太陽光発電所の積雪被害

積雪

雪国で太陽光発電所を設置する場合、積雪被害というのが大きな問題が立ちはだかります。落雪や雪下ろしによる事故など人的な被害はもちろんですが、発電設備のデリケートな機器に雪が当たることで故障を招くなど、多くの被害ケースがあります。

この記事ではこうした問題に対処する方法や、積雪被害に遭った太陽光発電所の売却などについて、詳しく解説していきます。

積雪被害から太陽光発電所を防ぐための対応策 

積雪被害と一口に言ってもいろいろなケースがありますが、重大な被害を招きかねないものとしては、落雪事故があります。多雪地域で太陽光発電所を設置する場合はこの事故が起きる可能性が高いので、十分な対策が必要です。具体的に有効な対策としては、屋根に太陽光パネルを取り付けるとき、雪止めができるように設置することです。

雪止めとは、屋根のスペースに余裕を持たせ、積雪してもそのスペースが滑り止めになり、落雪を防ぐ仕組みのことですが、この方法で設置すれば、落雪事故を防ぐことができます。この点で、あらかじめ設置する太陽光パネルの設置数を少なめにしておくことは、有効な積雪被害対策となります。なぜなら、パネル数を減らすことで雪止めの効果を上げ、落雪事故の危険性を減らすことができるからです。

パネルの設置枚数は多いほうが収益増に繋がりますが、安全確保も重要であり、なおかつ事故による損失は計り知れないので、太陽光パネルは適切な枚数を設置しましょう。そしてパネルの数を減らしてできたスペースに、落雪防止設備を取り付けてください。これで落雪事故の危険はかなり低く抑えることができます。

積雪被害の中には、太陽光発電所の危機が雪に当たって故障するというものもありますが、これに対する対策は、発電に関わる重要な危機が雪に直接当たらないよう設置することです。特にパワーコンディショナや配線は重要な周辺機器であり、少しトラブルを起こすだけで発電量低下に繋がるので、設置場所を注意してください。

一方、太陽光発電所に積もった雪を無理やり下ろそうとして事故が起きるケースもあります。これも積雪被害の一つですが、対応策としては、無理な雪下ろしは絶対にしないこと、どうしても雪下ろしする場合は手の届く範囲にとどめ、なおかつしっかりと防寒装備を施してから作業することです。作業前には必ず安全確認をし、可能なら応援も要請してください。さらに、太陽光発電所の施工を依頼した会社に相談したり、アドバイスをもらうようにすれば、安全性はさらに高まります。

積雪被害で設備が破損したとき売却できるかどうか 

積雪被害により破損した太陽光発電所は、無事故の発電所に比べて売却するのが難しくなります。なぜなら、太陽光発電所にお金を出す投資家は、一度も破損したことのない安全な発電所を求めているからです。そういう安全な発電所でなければ収益を安定させることができず、投資するメリットがありません。

中古として値段を下げれば買い手が付く可能性はありますが、それでも厳しいと言っていいでしょう。一方、積雪被害で破損した太陽光発電所を、少しでも売却しやすくするためのコツがあります。一つは破損状況を隠蔽しないこと、自分が行った対応策を詳細に伝えること、そしてなるべく買取業者に依頼することです。

破損状況はできれば知られたくないものですが、隠したことが後でバレると信用がなくなり、逆に買い取ってもらえなくなります。また対応策を伝えることは、破損した履歴があっても大丈夫という印象を与えることができ、商品価値を高める効果があります。買取の依頼先には仲介業者もありますが、買取業者のほうが物件に関する情報を詳細に伝えられるのでおすすめです。