太陽光発電所を売却するためのWEBマガジン » 太陽光発電所と自然災害

太陽光発電所と自然災害

台風

強い台風が来ると、台風でパネルが飛ばされてしまうリスクや、架台ごと太陽光発電システムが崩れてしまうリスクが生じます。架台には十分な強度を持たせ、さらに下側も風通しを良くして風の抵抗を少なくできるよう、ある程度の高さを取りましょう。

太陽光発電システムの売却は、架台だけが崩れてパネルは無事という状態ならパネルを買い取ってもらえる可能性が高いです。また、万が一の際の補償を受けられるよう、自然災害補償に加入している販売業者を選ぶことも大切です。

>>太陽光発電所の台風被害について詳しく見る

積雪

パネルに雪が積もると発電量が低下するだけでなく、雪の重みで損傷する可能性もあります。最大の対策は「雪が滑り落ちやすいよう、パネルにある程度の傾斜をつけること」および「積雪量だけでなくパネルから落ちる雪も見込んで架台の高さを十分とること」です。

それでも雪に埋もれてしまった場合は、自分で雪かきをするのは危険なので避け、業者に依頼しましょう。積雪の影響で故障してしまった太陽光発電の売却は、故障具合にもよりますが買い取ってくれる業者の数は限られてしまいます。また、太陽光発電の販売業者が自然災害補償に加入していれば、損害に対する補償を受けることができます。

洪水

太陽光発電所の洪水対策のためには、架台の高さを考えるだけでなく、立地そのものも考慮しておくことが大切です。また、太陽光発電システムが洪水被害にあった場合、浸水時に近づくと感電するリスクがありますし、水が引いても集電箱内部やパワーコンディショナー内部に残った水分で感電するリスクが残りますので自分で何とかしようと考えるのは禁物です。

水害による故障はダメージが大きくなりやすいため売却は特に難しくなる可能性がありますが、こちらも太陽光発電の販売業者が自然災害補償に加入していれば補償は受けられます。

地震

太陽光発電所の地震対策は、架台の耐震性ももちろん大切ですが「津波の心配がない立地にあること」「地盤がしっかりしていること」も必須ポイントとなります。ある程度の海抜高度があり、地盤調査でも問題のないところを選びましょう。

また、地震による太陽光発電の被害については、たとえ販売業者が自然災害補償に加入していたとしても補償対象外となりますので「架台の耐震性・海抜高度・地盤の強さ」の3要素の重要度は特に高いです。架台が崩れてもパネルが無事、あるいは故障が軽微なら売却できる可能性は十分残りますので、そういう場合は補償を受ける方法を考えるよりも売却の道を探しましょう。