中古太陽光発電所の魅力とは

所有している中古太陽光発電設備。手放す時期を考えているなら、そのタイミングは今です。中古だからこそ得られるメリットを学べば、高額売却も机上の空論ではありません。

ここでは、中古太陽光発電所を高く売るための情報を紹介します。

中古の太陽光発電所とはどんなもの?

一般的には太陽光発電システムが設置され、電力会社と連携しながら稼働している設備を言います。休眠中の設備ではここで挙げるメリットがほとんどないので、購入希望者にとって魅力的とは言えません。

太陽光発電の中古市場が盛り上がっている!

太陽光発電所が中古市場で流通し始め、年々盛り上がってきています。この流れは当面の間は変わらず、これからもいろいろな設備が中古物件として売買されるでしょう。

なぜ稼働中の設備が市場に出るのか?

十分に利益が出ている中古の太陽光発電所が市場に出回る理由は、そもそも売電利益が目的ではないオーナーが多いということにあります。税制の優遇期間が終了した、本業にキャッシュを移す、転居などで管理が難しくなったという理由が多く、設備不良が理由で手放すことはあまりありません。

機能的に問題なくまだまだ利益を出せる太陽光発電所は、今後も流通数を増やしていくでしょう。費用対効果次第では早めの売却を検討するのをおすすめします。

中古の太陽光発電設備を買う人はこんなポイントが気になっている

買い手が気になるポイントをクリアすることが、売却しやすくなる方法のひとつ。ここではどんなことを意識して中古の太陽光発電設備を探しているかを紹介します。

固定価格買取適用期間がどのくらい残っているのか

太陽光発電の固定価格買取制度は、産業用だと最長で20年間の買取保証期間が設定されています。毎年その年度の買取価格が決定され、年々低下傾向にあるのが実情ですが、それでも固定されていることで試算しやすいのは魅力的。FIT法の残存適用期間が長いほうが売却に有利と言えます。

売電価格がいくらで設定されているか

FITによる売電価格は導入初年度の価格が最長20年間維持されます。初期であればあるほど売電価格が設定され、中古で購入する場合もその価格が適用されます。残存適用期間が多少短くても高い買取額は魅力的です。

損益が把握しやすい物件か

新品の太陽光発電所は売電価格をシミュレーションで予想するしかありませんが、中古だと売上や経費も実際の価格がわかります。損益計算が容易なのでもくろみで動く必要がありません。地に足のついた投資ができるのは大きなメリットです。

土地の所有権がどこにあるか

一般的には土地の所有権込みの売買が多く、発電所を撤去したあとの計画をもつ買い手もいます。イニシャルコストや固定資産税を抑えたいなら土地は賃貸の方がいいという買い手も。ここは買い手の事情によるので良し悪しは一概に言えません。

発電設備に不備はないか

中古の太陽光発電所を高く売却するには買い手の利益を損なわない状態であることが大切。メンテナンスをしっかり行い、継続的な売電が行えていることが何よりのポイントです。メンテナンスについては次のページをご覧ください。

売却先が決まる前に準備したいこと

不動産取引は意外に時間がかかるもの。買い手が気にするポイント以外に、このような準備をしておくとベストです。

  • 名義変更に関する書類:事業計画認定の設置者名義、売電契約名義、メーカーやメンテナンス事業者との契約名義など、変更する書類は多岐にわたります。なかには変更に数カ月かかる書類も。売却を決めたら書類はすぐにそろえておくべきです。
  • 収支報告書や損益計算書など:売電利益がわかる書類があると購入の参考にできるので、買い手へのアピールになります。

売買にまつわるトラブルも十分に考慮しよう

太陽光発電所の売買には多岐にわたる変更手続きがあり、名義変更のミス1つで売電できなくなることもあります。こまごまとした作業やトラブル対応が苦手という方には、仲介業者に売却するのがおすすめ。スムーズな取引で気持ちよく次の事業にとりかかれます。

実際のトラブルについて、専門家がどのような対応をしているか知るのも参考になります。こちらのページをご覧ください

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

ケーススタディから太陽光発電所の売却事例を学ぶ

太陽光発電所は毎日0.01%、づつ、年間5%づつ値下がりしていくものです。そんな太陽光発電所を、今日売りたい、権利だけ売りたい、など、目的ごとに上手に売る方法、売却事例を紹介していきます。

「今日売りたい」太陽光発電所を即日売却した事例

新規事業に向けてまとまった資金が欲しい、速く損切りしたい、など、「太陽光発電所を今日中に売ってしまいたい」というオーナーは数多くいます。買取業者を選ぶことで、その日のうちに現金化を可能にした事例と、その方法について紹介していきます。

「もめたくない」事故があった太陽光発電所を売却した事例

太陽光発電投資をする際に、誤った業者選びをしてしまったオーナーが、その後のメンテナンス体制の甘さや設備不良による事故を起こした太陽光発電所を売却した事例を紹介しています。事故物件をスムーズに売却するコツも紹介。

「現実は甘くない」稼働済み太陽光発電所を売却した事例

「発電・売電の実績がある稼働済み太陽光発電所なら、簡単に売却できるだろう」とタカをくくっていたオーナーたちの事例を集めました。買い手にメリットがあることは確かですが、売り手が正しくコミュニケーションをとらなければ売却は難しいようです。

「全て自分がとても不安」太陽光発電所の権利を売却した人の事例

太陽光発電所の権利の売却とは、「売電権利」の売却を指します。これを行うためには、FIT(固定価格買取制度)の認定といった煩雑な手続きが必要になります。オーナーたちの事例と、スムーズに売却するコツを紹介していきます。