買取のメリットとデメリット

FIT法の改正によって確実に収益の上がる投資先ではなくなった太陽光発電事業。一方で再生可能エネルギーに対する意識の高まりから、太陽光発電所の需要は増えており、今が売り時だとも言われているのです。ここでは太陽光発電所を売却するメリット・デメリットについて解説しています。

「買取」で売却するメリット・デメリット

太陽光発電所を売却する方法は大きく2つに分けられます。「買取」と「仲介」です。買取は太陽光発電の専門業者が直接買い取ってくれる方法。仲介は専門業者が購入者を探す方法です。ここでは業者が買い取ってくれる「買取」のメリットとデメリットを見ていきます。

買取のメリット

すぐに現金化できる

まとまった額の現金がすぐに手に入るのが、太陽光発電所を買取で売却する大きなメリットです。仲介で売却した場合だと、購入者が見つかるまで現金は手元に入りません。買取なら業者が購入してくれるので、すぐに太陽光発電施設が現金に換えられるのです。次の投資に向けた資金を得ようしている方にとって、すぐに現金化できるのは魅力的なポイントと言えます。ただし、大規模な太陽光発電施設を買い取ってもらうケースでは、買取業者に相当な資金力がないと、即金で現金を受け取れない可能性があります。買取のメリットを最大限に活かすためにも、売却時には資金力の高い業者を選びましょう。

手数料がかからない

仲介で売却すると仲介手数料が発生しますが、買取の場合にはありません。仲介手数料が節約できるのは買取で売却するメリットです。一方で、「買取業者は仲介手数料を取らない分、安値でしか買い取らない」とも言われています。そもそも仲介手数料を取らない買取業者はどうやって利益を上げているのでしょう?

業者は買い取った太陽光発電所にメンテナンスを加え、より効率よく発電できる状態にして転売します。買取額と転売額の差額で利益を得るのです。ということは、太陽光発電所を価値ある状態に整備できるノウハウを持っている買取業者であれば、後々高値で売れることがわかっているため、買取価格も高く設定してくれることが期待できます。仲介手数料がかからなくても、安い価格で買い叩かれてしまっては意味がありません。高額で買い取ってくれる可能性のある、太陽光発電の設備・メンテナンスに強い業者を選んで、仲介手数料がかからない買取のメリットを活かしましょう。

買取のデメリット

資金力のない業者の場合、仲介より買取価格が低くなる可能性も

買取による売却は仲介手数料が発生しない分、買取価格が安くなってしまう可能性があります。発電所を買い取る業者は、買取額を安く抑えて別の購入者に高く売らない限り、利益が上がらないからです。買い取った太陽光発電所をしっかり整備して価値の高い状態に維持できる業者でないと、安い価格で買い叩かれてしまう危険性も。買取で太陽光発電所を売却する場合は、買取業者がどれだけ太陽光発電システムのノウハウを持っているか、どれくらいの資金力があるのか、事前に調査しましょう。

買取業者によっては交渉が難航する

買取による売却だと、売り主と買い手が直接交渉することになります。買取業者が安い買取価格を提示してきた場合には、素人にとってかなり難しい交渉を強いられるでしょう。消耗するやり取りを求められるのはデメリットだと言えます。