太陽光発電所の売値を上げるポイント

このページでは、手持ちの太陽光発電所を高値で売却するためのポイントを紹介しています。

購入者がチェックするポイント

購入者は太陽光発電所のエリアをまずチェックします。どんなに設備が整っていても、日照具合が悪ければ効率よく発電することができないためです。太陽光発電の設置を請け負う会社でも、豪雪地帯や洪水などの災害リスクが高い地域は避けるようにしているようです。太陽光発電所のエリアの次は、太陽光発電所自体と土地の状態を確認します。太陽光パネルとパワコンの製造国や保障期間、防草シートの設置、採石の有無、フェンスの有無などメンテナンス状況が見られるため、しっかりと管理しておくことが大切です。

また、太陽光発電所で作られた電気の買取期間は20年と長期に渡るため、その期間に業者が倒産してしまっては元も子もありません。業者を選ぶ際は20年以上持つ会社であるかを見極めてくるでしょう。業者の信頼性を示すためにも、創立年や販売実績などを押さえておくとよいでしょう。

新規の発電所の売却ポイント

新規の発電所を売却する際に、気を付けたいのが設備の潜在的な欠陥です。太陽光パネルの多くは海外の工場で製造されています。製品は船でやってくるため、輸送中に振動によってパネルが損傷してしまい、期待通りの性能を発揮できない場合があります。太陽光発電を導入した際の発電量を予測するシミュレーション値で70~80%が出ていても実発電量が下回っている可能性があるのです。発電量を調べて、もしも想定よりも低く明らかに欠陥があると分かった場合は、修理を行なって売却することをおすすめします。

売却するにあたり、設備が正常に電力を供給しているかを調べられる点検検査が3つあります。まずI-V測定は、接続箱で確認を行なうことができ1ストリングあたりの発電性能が分かります。異常があればすぐに分かるのですが、パネルのどの部分に異常があるのか分かりません。つぎにIR測定は、赤外線サーモグラフィを使用します。ホットスポットがある場合、モジュールが破損している可能性があるため、異常のあるパネルを特定するのに向いています。ただし、ホットスポットのみを特定する方法なので、実際に電力に異常が出ているかまでは分かりません。最後にEL検査は、メーカーが発送時に行なう、レントゲンを使用した検査方法です。結晶粒界・セル欠損・ブラックアウトセル・膜厚セルを調べることが可能。さまざまな問題を調べることができますが、検査にかかる時間と費用が難点です。

すでに稼働している発電所の売却ポイント

  • 売却実績
  • 将来の損益
  • 利回り
  • 売却理由
  • メンテナンス記録と修繕履歴

太陽光発電所を売却する際に注目したいポイントは上記のとおり。太陽光発電所が稼働している場合、設備はもちろん発電事業の売電実績や将来の損益、利回りが判断材料となります。複数の発電所を持っている場合、個別に採算性を明らかにすることが大切です。また、買い手側が安心して購入できるように売却理由・売電実績・発電所のメンテナンス記録と修繕履歴を用意しましょう。スムーズに購入へ至るための根拠資料となります。

第三者機関の調査による評価のメリット

太陽光発電は「仲介」「買取」いずれかの方法で売却することになります。仲介と買取の特徴とメリットを確認してみましょう。

  1. 仲介…太陽光発電を売却したい人の代わりに購入者を探してくれるのが仲介です。太陽光発電所を相場価格で売ることができる可能性が高め。しかし、売却までに時間がかかってしまう傾向にあります。
  2. 買取…太陽光発電の設備を買い取ってくれます。即現金化したい人に向いている方法。仲介よりも売値が安くなる場合もありますが、資金力があって目利きの良い買取業者であれば高値での売却が可能です。