仲介のメリットとデメリット

このページでは、太陽光発電所を売却する手段の一つとして、「仲介」での売却方法に関するメリット・デメリットを紹介しています。2017年に固定価格買取制度(FIT法)が改正され、売電価格が入札式になったことで確実に利益が上がるとは言い切れなくなった太陽光発電事業。しかし一方で、ネットゼロエネルギーハウスや環境問題に関する国際協定などの影響により、発電システムとしての需要は今後高まることが予想されています。つまり、太陽光発電所は今がまさに売り時だということ。ぜひ売却時の参考にしてみてください。

「仲介」で売却するメリット・デメリット

太陽光発電所を売却する方法は、主に「買取」と「仲介」の2つに分けられます。買取は専門業者が直接太陽光発電設備を買い取ってくれる方法で、仲介は専門業者が太陽光発電設備の購入者を探してくれる方法です。ここでは、専門業者が購入者を探してくれる「仲介」におけるメリット・デメリットについて詳しくまとめています。

仲介のメリット

適正価格で売却できる可能性が高い

専門の仲介業者は、太陽光発電に関する理解や知識が豊富にあるため、適正な売却価格を判断してくれます。知識の少ない素人が直接買取業者と交渉をすると、適正価格よりも安く売却してしまう可能性も少なくありません。売り手側が高く売りたいと思うのと同様に、買い手側もできるだけ安く買い取りたいと思うのは当然のこと。買取業者に言われるがまま交渉を進めてしまうとそういったリスクが伴いますが、プロの仲介業者ならより適切に判断してくれるため、売却価格も高額になる可能性が高くなります

買い手を探す手間が省ける

仲介業者が買い手の選定から交渉までを行なってくれるので、売主にはわざわざ買い手を探すといった手間がかかりません。仲介業者は幅広いネットワークを持っているので、その中から優良な買取業者を紹介してくれます。

仲介のデメリット

売却までに時間がかかる

仲介の場合、間に業者を通してやりとりを行なうため、売買の成立から現金化までには時間がかかります。そのため、次の投資に向けてすぐに現金化したいという方にはあまりおすすめできません。今すぐ手元に現金が必要な場合は、直接買取業者に依頼するほうがスピーディーに現金化できるため、そちらを選択すると良いでしょう。

仲介手数料がかかる

仲介での売却には、当然ながら仲介手数料が発生します。適正価格で売却できる可能性は高まりますが、最終的に売却価格から仲介手数料分が差し引かれるので、仲介で売却する場合はその差し引き額も考慮しておくようにしましょう。