太陽光発電所を途中で売却

太陽光発電で発電・売却をしている中で、その施設を売却したい、と考えるタイミングがくる場合があります。太陽光発電を途中で販売する、というケースは非常に多く見られますが、売却する側としては、「少しでも高く売却したい」と考えるのが当たり前。そこで、今ある太陽光発電を少しでも高く売却するためにできることをご紹介します。

太陽光発電を少しでも高く売却する方法

太陽光発電所を売却するためには、どんなことができるのでしょうか。

まずは査定額が高くなる傾向がある太陽光発電を知る

売却を行う前に、どのような太陽光発電であれば査定額が高くなる傾向があるのかを知っておきましょう。

  • 良好な売電実績を持つ太陽光発電
  • 設備の状態が良好な太陽光発電
  • 土地の状態が良好な太陽光発電
  • メーカー保証が有効な太陽光発電

このような条件を持つ太陽光発電であれば、見積もりをとった時に査定額が高くなるという傾向があります。実際に査定を行う際には、設備の状況や対象となる太陽光発電の性能、これまでの発電実績、保証の状況などを全体的に確認した上で金額が提示されることになります。

売却の理由を明らかにすること

太陽光発電を購入する側としては、「なぜこの太陽光発電は売却されるのか」という疑問が生じることになります。中には、「売電の実績が思わしくないのか」「何か問題があるのか」といった不安を持つ人もいるかもしれません。そのため、売却を行う際には売却に至った理由を明示する必要があります。

売電実績を明らかにすること

査定の価格には、これまでの売電実績が大きく関わってきます。当然、売電実績が良い場合にはその分高い査定額がつくことが予想されます。

太陽光発電設備を売却する際、きちんと売電実績があるということを示すためには、これまでの損益や利回りについて目に見える形で明らかにすることが大切。どれだけ採算が期待できるのかということをはっきりさせることで、少しでも高く売却できる可能性が高くなります。

メンテナンスを定期的に行うこと

太陽光発電の売却を行う際、少しでも高く売りたいと考えるのであれば、必要に応じて機器の補修を行っておくことが必要になります。この際、定期的なメンテナンスを行っておくことで、大規模な修繕は避けられることが多くなります。

また、メンテナンスや修理を行った際には、必ず記録をつけておくように心がけましょう。この記録を売却先に提示することにより、きちんとメンテナンスされている太陽光発電ということで査定の参考資料となるからです。

信頼できる業者から購入すること

上記に挙げたように、太陽光発電はメンテナンスが非常に大切。そのため、購入する際には、太陽光発電の施工やメンテナンスの経験が豊富な業者を選ぶことで、しっかりと管理することができます。いずれ太陽光発電所を売却したい、と考えた際にも、きちんとメンテナンスが行われてきた施設ということで高額の査定がつく可能性があります。