太陽光発電所を売却するためのWEBマガジン » 太陽光発電所をはじめて売る前に知っておくべき5項目

【太陽光発電コラム】太陽光発電所をはじめて売る前に知っておくべき情報!

太陽光発電をはじめて売る前に知っておくべき情報や新しいニュースについてのコラム情報など紹介しています。高額な資金が動くだけに、はじめての売却は何かと不安も多いはず。そんな不安を解消するためにも、しっかりと事前知識を身に付けて、納得のいく売却を実現させましょう。

買取のメリットとデメリット

太陽光発電所の売却方法の一つである買取業者を介した方法について詳しく解説しています。買取とは、太陽光発電の専門業者が商品を買い取ってくれる方法です。買取業者と直接やりとりをするため、商品をすぐに現金化できるというメリットがあります。なるべく早く売却し現金化したいという方は買取を選ぶと良いでしょう。一方、買い手と直接交渉するため、売り手側にも太陽光発電の売却に関してそれなりの知識が求められます。買取での売却を選択する際は、ある程度の知識は身に付けておくようにしましょう。

仲介のメリットとデメリット

自ら購入者を探す買取とは違い、売却のプロである専門業者に依頼して太陽光発電所の購入者を探してもらう「仲介」。プロが売り主と優良な買い手をマッチングしてくれるため、適正価格での売却が実現しやすいというメリットがあります。一方で、業者を介して交渉を進めていくため、売却が成立するまでに時間がかかるというデメリットもあります。時間をかけてでも、適正な価格で確実に売却したいという方におすすめの売却法です。仲介にはその他にも様々なメリット・デメリットがあるので、確認しておくようにしましょう。

太陽光発電所の売値を上げるポイント

太陽光発電所を高値で売るために、ここだけは抑えておきたいというポイントをまとめてみました。太陽光発電所の売値は、設備の状況や売却の方法によって変わってきます。チェックしておくポイントを理解していれば、その分高額で売れる可能性は高くなるでしょう。逆に理解していなければ損する可能性が高くなってしまいます。売却をする際は、購入者・売却者の双方の観点からしっかりとポイントを抑えて、商品の価値を最大化できるようにしましょう。

売却が成立するまでの一般的な流れ

太陽光発電所の売却方法には、「買取」と「仲介」の2つの方法があります。それぞれの売却が成立するまでの流れをまとめてみました。2つの方法の大きな違いは、買い手とのやりとりを直接的に行なうか、間接的に行なうかです。それによって、売却が成立するまでにかかる工程や期間、手間などは変わってきます。全体の流れを把握し、両方のメリット・デメリットを踏まえた上で自分に合った売却方法を選択するようにしましょう。

太陽光発電所の売却についてのQ&A

「発電量によって売却価格は変わるのか?」「土地は売却せず、太陽光発電だけ売却することはできるのか?」「節税対策は可能か?」など、太陽光発電所の売却においてよくある疑問や質問をまとめてみました。税金にまつわる話や費用に関する話など、知っているようで意外と知らないことが多い売却の世界。納得できる売却を行なうためにも、気になることは事前にしっかりと解消しておくようにしましょう。

その他の知っておきたい項目

その他にも知っておきたい項目として4項目をピックアップしています。

太陽光発電には難しい用語がいっぱい!必要な用語を解説

太陽光発電について調べておくと、「さまざまな用語が登場して何のことを言っているのか分からない…」、といった状態になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのようなことを防ぐためにも、また今の分からない単語を知るためにも、太陽光発電について基本的な用語を解説しています。

太陽光発電所で盗難があるって本当?盗難事例と防犯対策を紹介

太陽光発電所は現物があるものなので、盗難されてしまうリスクがあります。「太陽光パネルなんて盗難されるの?」と思うかもしれませんが。太陽光発電所には太陽光パネル以外にも盗まれると困るものがたくさんあります。以下ページでは、太陽光発電所における盗難について、どのようなものが狙われやすいか、や盗難対策についてお伝えしています。

太陽光発電の廃棄費用や廃棄方法について解説

太陽光発電はまだ歴史が浅いため、パネルの耐久性が正確に何年なのかは分かっていません。しかし、いつかは発電ができなくなる日がはくるでしょう。太陽光発電が動かなくなったら撤去・廃棄しなければなりませんが、それには費用がかかります。以下ページでは、太陽光発電について、廃棄の際の費用や方法をお伝えしているので、今後を見据えた運用をするためにもチェックしてみましょう。

太陽光発電所にはどんな失敗例がある?失敗から学べることとは

太陽光発電所の経営は、さまざまなケースを想定していなければいけません。太陽光発電所について実際に起こってしまった失敗事例をご紹介すると共に、失敗しないためにはどうすればよいかについてご紹介しています。過去の失敗の二の舞にならないためにも、こちらの記事を参考にして対策を練ってみませんか。

FIT買取期間の終了後について

FITとは、電力会社が再生可能エネルギー発電設備で発電した電気を、一定期間は固定価格で買い取ることを国が保証したものです。その期間は住宅用は10年、産業用は20年で、もうすでにFIT期間終了を迎えた設備が出てきました。FIT終了後売電で採算がとれるかは、電力会社独自の判断によるところが大きく、継続して利用するか悩むところ。FIT期間終了にあたり、損しないための対応方法を紹介します。

太陽光発電の買取価格が半額に!いつから売電できなくなる?

FIT(電気の固定価格買取制度)による売電価格は、最高48円だったのが2019年では14円に減額され、FIT終了後は11円まで減ると言われています。このままでは売電利益が出ないのでは?と心配される声も多数あり、売却採算ラインに頭を悩ませているオーナーも多いでしょう。ここではFIT終了後の活用方法や、売却価格を設定するための考え方やポイントを紹介しています。

中古太陽光発電所の適正価格について

太陽光発電所の売買価格は、通常の不動産とは違いさまざまな要因を加味しないといけません。FITによる固定買取価格がいくらなのかも重要ですが、都道府県ごとに違う発電量や周囲の環境も大きな要素です。発電量の増減、利回りなどは簡単には算出できないものですが、買い手が一番気になる売電価格に大きく影響します。中古太陽光発電所の適正価格設定について押さえておきたいポイントなので、ぜひ参考にしてください。

太陽光発電所の売却後のトラブル

手放した太陽光発電所にトラブルが発生し、損害賠償請求を起こされるケースが後を絶ちません。どのようなトラブルが多いのか、どのように対処すればよいのか、気をつけたいポイントを調査しました。また売却を依頼する会社との契約内容もしっかり吟味しておきたいもの。トラブルを未然に防ぐためのアドバイスも記載しました。太陽光発電所オーナー必見の情報です。

太陽光発電所を途中で売却

実は中古太陽光発電所は、新規で発電所を建設するよりもメリットがあると言われています。買い手が知りたい売電収入額がはっきりしており、稼働中なので建設を待たないでもすぐに現金収入があるなど、とても魅力的な案件です。FIT期間途中で売却する理由を明確にし、誠実な対応をすることで高値での売却が期待できます。気をつけたいポイントをピックアップしたので、ぜひご覧ください。

太陽光発電所の売却に必要な資料や書類について解説

太陽光発電所の売却はデータが揃っているかが肝心です。スムーズに売却したいなら事前に必要な資料や書類を準備する必要があります。どんな書類や資料が必要なのか、どのような情報が載っているのが望ましいのかなどを調査しました。価格交渉を有利にするために必要な資料ですので、売却を検討している方は早めの入手を。まだ考えていないという方も予備知識としてチェックしておくのをおすすめします。