太陽光発電所を売却するためのWEBマガジン » 太陽光発電所の売却で失敗しないためのポイント

太陽光発電所の売却で失敗しないためのポイント

このカテゴリでは、太陽光発電所を売却する前に知っておきたい4つのポイントについてまとめています。売り手・買い手それぞれのメリットを知っておくと売却がスムーズにいきますので、今後手放すことを考えている方もぜひチェックしてくださいね

売り手側のメリットと注意点を知っておく

手持ちの発電所を売却するメリットと注意点についてまとめました。買取業者と仲介業者の選び方や、物件の価値の決まり方、実績をアピールする方法などについて解説しています。これから手持ちの発電所を売ろうと考えている方は、売却するメリットとポイントを踏まえて取引を進めましょう。

買い手側のメリットと注意点を知っておく

買う側の視点から、高値で中古物件を売却するポイントについてまとめています。中古の太陽光発電所を購入する方は、実績や設備、リスクなどを考慮して物件を選んでいます。一方、投資を考えている方は、新規物件と比べて中古物件の何がメリットなのかを知っておくと、太陽光発電投資を始めやすいでしょう。

売却額を決める要素を知っておく

中古の太陽光発電所の価値を決める要素をまとめました。発電実績やFIT単価、稼働開始時期などについて解説しています。こうした要素を鑑みずに売却額を決めてしまうと、なかなか売れない事態になってしまうこともあるので注意が必要です。適正価格を掴むために知っておきましょう。

修理の必要と抵当権を確認する

中古物件を売る際に気になる「修理」と「抵当権」について解説。修理が必要か不要かを分ける要素、抵当権の抹消の必要性などについてまとめています。どちらも売却の際にかかわってくるので、売ると決めたらチェックしておきましょう。前もって確認しておかないとスムーズな売却ができないケースに繋がることもあるので、注意してくださいね。

太陽光発電所のリスク診断を実施する

全国の多くの太陽光発電所で設計ミスや施工ミスが見られることをご存知でしょうか。

「プロに任せているのだから大丈夫」、「自分の発電所は問題ない」と思いやすいものですが、実際の事例を見てみると、なぜこのような施工不良・設計不良が起こっているのかクビを傾げざるを得ない事例も少なくありません。

以下ページにて、リスク診断の際のポイントや、実際に起こった太陽光発電所の施工ミスや設計ミスの事例をご紹介しているので、参考にしてみてください。問題を早期に発見し、対処することで問題が大きくなる前に解決できるでしょう。

この記事のURLをコピーする
B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

ケーススタディから太陽光発電所の売却事例を学ぶ

太陽光発電所は毎日0.01%、づつ、年間5%づつ値下がりしていくものです。そんな太陽光発電所を、今日売りたい、権利だけ売りたい、など、目的ごとに上手に売る方法、売却事例を紹介していきます。

「今日売りたい」太陽光発電所を即日売却した事例

新規事業に向けてまとまった資金が欲しい、速く損切りしたい、など、「太陽光発電所を今日中に売ってしまいたい」というオーナーは数多くいます。買取業者を選ぶことで、その日のうちに現金化を可能にした事例と、その方法について紹介していきます。

「もめたくない」事故があった太陽光発電所を売却した事例

太陽光発電投資をする際に、誤った業者選びをしてしまったオーナーが、その後のメンテナンス体制の甘さや設備不良による事故を起こした太陽光発電所を売却した事例を紹介しています。事故物件をスムーズに売却するコツも紹介。

「現実は甘くない」稼働済み太陽光発電所を売却した事例

「発電・売電の実績がある稼働済み太陽光発電所なら、簡単に売却できるだろう」とタカをくくっていたオーナーたちの事例を集めました。買い手にメリットがあることは確かですが、売り手が正しくコミュニケーションをとらなければ売却は難しいようです。

「全て自分がとても不安」太陽光発電所の権利を売却した人の事例

太陽光発電所の権利の売却とは、「売電権利」の売却を指します。これを行うためには、FIT(固定価格買取制度)の認定といった煩雑な手続きが必要になります。オーナーたちの事例と、スムーズに売却するコツを紹介していきます。