太陽光発電所を売却するためのWEBマガジン » 【目的別】太陽光発電所の売却事例を紹介

【目的別】太陽光発電所の売却事例を紹介

このカテゴリでは、目的別に太陽光発電所の売却事例を紹介しています。

ケーススタディから太陽光発電所の売却事例を学ぶ

即日~短期間で売りたい

手持ちの太陽光発電所をとにかく急いで売却したい、すぐに現金化しなければいけない、という場合の売却方法を事例として紹介しています。急ぎの場合は仲介よりも買取業者に依頼をしたほうがいいのは、なぜなのか?他の方はどんなミスをしてしまっているのか?買取業者の資金力次第ではありますが、即日で現金化したケースもありますので、ぜひ参考にしてください。

事故物件を売りたい

事故物件はメンテナンスが必要になるので、より業者との交渉術や時間の捻出が重要になります。また、なにがあっても保証を受けられるだろうと甘く考えがちなのも、このケース。そもそも、どういったものが太陽光発電所の事故物件として扱われるのか、売るまでの期間で注意しておくことはなにか。ケーブルの不具合と火災の場合を例に紹介していますので、参考にしてください。

稼働済み物件を売りたい

FIT単価が高い、過去の発電実績を確認できる、現場の発電所を事前にチェックできるなど、買い手にとってメリットの多い稼働済み物件。売り手として、より有利に売買契約を進めるためには、どんな準備が必要になるのか?また、売り主の失敗が多いのは、実は稼働済み物件の場合なのです。それはなぜなのか?実際にあった具体的なケースを見ながら、確認していきましょう。

発電所の権利を売りたい

新しく不動産を買いたいから、メインの事業で急遽まとまった現金が必要だからなど、さまざまな理由で稼働前の発電所の売電権利を売却しようという方がいます。その場合には通常の売却時よりも必要な知識があります。ちなみに、2017年4月以降は太陽光発電所が稼働してからでないと売電の契約ができなくなったので、以前のような権利の売買ができません。こういった必要な情報を売却事例を見ながら確認していきましょう。